『24時間テレビ』を皮肉るデーブ・スペクター『サンジャポ』の前説ですべり、にこるんからとどめ

タレントのデーブ・スペクターは、これまで『24時間テレビ』(日本テレビ系)についてTwitterで「“スペシャルサポーター”の意味が分からない。ギャラもらってるならばサポーターではなくスポークスマンになる」と主張したり、「『24時間テレビ』が東京オリパラと連動しようとしたが、本当に無給のボランティアなので断念」などと皮肉るツイートを連投してきた。今年もそのことにエネルギーを費やしたが、ネット上だけでなくレギュラーコメンテーターを務める『サンデー・ジャポン』(TBS系)の前説で『24時間テレビ』をいじったものの、すべったうえに藤田ニコルからとどめを刺されたようだ。

今年は8月21日~22日に『24時間テレビ44』が放送された。24日深夜放送のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)でパーソナリティーの太田光田中裕二が話したところでは、22日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)でデーブ・スペクターが前説を務めたという。

本番直前のスタジオで「はいそろそろ始まります。皆さん『24時間テレビ』ほんとにお疲れさまでした~」と呼びかけたデーブ・スペクター。きょとんとする共演者やスタッフを見て「あれ、どうしたの? ちょっとウケが悪いね」と怪訝そうにしたところ、「デーブさん。『24時間テレビ』まだやってますから! お疲れさまでしたじゃないんですよ」と指摘されてしまう。

アメリカ出身のデーブは日本の漫画『おそ松くん』に出会って影響を受け小学生の頃からダジャレを言っていたほどで、今ではダジャレやジョークがすべってもめげる気配がない。この時も『24時間テレビ』はまだ生放送中だと諭されて「あ、そっか? 僕、今日はなんか調子悪いよね~」ととぼけて見せた。するとゲストコメンテーターの“にこるん”こと藤田ニコルは、すべり倒すデーブに向けて冷静に「いつもじゃない?」と言い放ったそうだ。

『24時間テレビ』に対するデーブ・スペクターのこだわりは相当なものらしい。以前は『サンジャポ』で『24時間テレビ』の放送に合わせてパロディーで出演者とスタッフ全員がチャリTシャツに似た黄色いTシャツを着ていたが、ある時に怒られて以来禁止された。爆笑問題によるとデーブ・スペクターが本物のチャリTシャツを着て出演したために怒られたという。それに懲りず、このたびは前説で『24時間テレビ』を皮肉ってすべったというわけである。

そんなデーブ・スペクターは、今年もTwitterで8月21日から22日にかけて「放送事故と思ったら『24時間テレビ』だった」、「『24時間テレビ』にジャック・バウアーは出ないんですか?」、「『24時間テレビ』のマラソンの趣旨と文明の意味は同じくらい分からない」などとツイートを連投しており、フォロワーから「とりあえずがんばってる姿見せておけば、募金が捗るという現代の錬金術文明」、「はいはい、デーブさんもおつかれさま。さっき買い物してお釣りを募金してきました」など様々な声が寄せられていた。

画像2、3枚目は『サンデージャポン【公式】 2021年8月22日付Instagram「#サンデージャポン 始まります!!」、2020年6月28日付Instagram「今週もご覧いただきありがとうございました!!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ