安田美沙子“YouTubeチャンネル”が悲惨…「生き延びられない」「きっつい」

まいじつ

安田美沙子
安田美沙子 (C)まいじつ

昨今、数多くの芸能人がYouTubeに進出しているが、成功を収められるのはひとにぎり。メディア露出が少ない芸能人にとって救いの場である一方、現実はかなり厳しいようだ。

はんなりとした京都弁と癒やし系のルックスで、2000年代に人気を博した安田美沙子もその1人。安田は昨年9月にSサイズモデルさりと『みさことさりHOME』を開設し、ファッションやメーク、健康グッズ紹介といった動画を投稿している。

しかし、他のモデルや美容ユーチューバーとの差別化ができていないのか、再生数は数千回がコンスタントという低空飛行。ここ3カ月は1000~4000回再生と低調が目立ち、あまり芳しい結果が残せていないようにも思えてしまう。

個人チャンネルも安田美沙子の再生回数は数千ほど…


この有様はネット上でも、

《結婚して金持ってるやつの道楽なんて見ない》
《安田美沙子の犬めちゃくちゃかわいいのに何故出さない!》
《SHELLYレベルの尖った事やらんと生き延びれん》
《この手の分野では仲里依紗が最強だろ あれに勝てる女性おらん》
《きっついなあ》
《夏のマストアイテムを教えてくれてるのに2000再生て あかんやろ》

と嘲笑の的となっている。

「これはあくまでSサイズモデルさりとの合同チャンネル。彼女個人は、11月にソロでYouTubeデビューを果たしています。こちらも再生数は数千回がコンスタントですが、最近は芸人とのコラボが目立つようになり、『チュートリアル』徳井義実、『TKO』木本武宏、『インパルス』堤下敦らが続々と出演。こうした企画の時は再生数も数万~数十万に跳ね上がるので、まだまだ伸びしろを秘めているのではないでしょうか」(芸能ライター)

前事務所と契約関係をめぐって係争した安田にとって、YouTubeは芸能活動の生命線ともいえる。それがこの数字では、ますます厳しくなるばかりか…。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ