料理中にまさかのハプニング… あまりにも強い野菜に「目を疑った」と反響

しらべぇ


料理をしていると、「具材が足りない」「焦げてしまった」など、思わぬハプニングに見舞われることも少なくない。いまネット上で、予想を遥かに超えたハプニングが話題になっている。

■キャベツを切ろうとしたら…


注目を集めているのはVtuberの京都のキャスターさんのあるツイート。「うせやろ(嘘だろ)」と驚いていることが伝わるコメントがつづられており、その理由は投稿に添えられた写真を見て明らかに。

写真には、キャベツを包丁でカットしようとしている様子が収められているのだが、よく見ると包丁の柄の部分がぽっきりと折れている。刃先が芯の部分で止まっており、その硬さに負けてしまったということだろうか。

「野菜に包丁が負けてしまう」という予想の斜め上をいく展開、「嘘だろ…」と呆然としてしまうのも理解できる。



■「目を疑った」と驚き


料理時に起きた珍事件。投稿には「ええ…」「包丁の持ち手を折るとは…」「一瞬目を疑った」と驚きのコメントが続出。

また、意外なことに「キャベツないし他の食材に包丁が負ける」という経験をしたことがある人は一定数いるようで、ある種の絆を感じさせるリプライも寄せられていた。

そこで、投稿者である京都のキャスターさんに、本件の詳しい事情を聞いてみることに…。

■その後のキャベツは…


まず、本件で心配してしまうのは「怪我がなかったかどうか」という点だろう。尋ねると「はい! 写真の通り刃はキャベツに固定されてたので大丈夫でした!」とまずは一安心。

なお、このキャベツは「無限キャベツ」にしようとしていたらしく、「お腹いっぱい食べたいなと思って真っ二つにしようとしたら包丁が負けました」とのこと。

もちろん、この折れた包丁で調理を続行するのは難しい。新たに包丁を買い直し「美味しくいただきました」と笑顔で語ってくれた。ちなみに、買い直した包丁は柄と刃が一体のタイプだそうだ。

■意外な感想も…


包丁が折れてしまうという、衝撃のハプニングのはずだが、京都のキャスターさんは「折れた瞬間あ! これ会話のネタになると思いました」とかなり余裕だった様子。

しかし、Vtuberとして活動しているだけに、現実における投稿が反響を呼んだことについて「僕は京都のキャスター… バーチャルの存在… リアルチックな包丁の写真が伸びたとて僕はバーチャルの住人…」とつぶやいており、切なさもあったようだ。

いずれにせよ、今後キャベツと向き合う際は気合を入れなければ…と肝に命じた人も多いことだろう。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ