「お前にはなんでも話せるわw」本命じゃないからされてること4つ

ハウコレ



男性は遊びの女性だからこそできてしまうこともたくさんあります。本命とそうでない女性にやることには、どんな違いがあるのでしょうか?この記事では本命じゃないからされてることについて解説します。

■他人の悪口を言う
本当に好きな人の前で、他人の悪口を好き放題言える男性はなかなかいないでしょう。本命女性の前ではいい男でいたいし、悪口なんて言ったら相手に嫌われてしまうだろうという理性が働いているためです。遊びの女性にはどう思われようが構わないので、感情的に他人の悪口を言えてしまいます。日頃から彼の口の悪さが気になるのであれば、注意した方がよいでしょう。

■下品な話をする
女性の中には下品な話題が苦手で、聞くだけでも嫌悪感があるという方もいるでしょう。遊びの女性にはお構いなしで、下品な話をしてくる男性もいます。大切に思っている女性に、男性同士でするような卑しい話はそうそうできません。会話中に不快なワードが頻繁に出てくるのは、どうでもいい女と思われている可能性が高いでしょう。

■頻繁なドタキャン
ドタキャンは当日を楽しみにしていた相手をがっかりさせる行動です。本命の女性であれば、忙しかろうが疲れていようが多少は無理してでも会いたいもの。相手に嫌われたくないという思いがあるなら、そう簡単にドタキャンはできません。遊びの相手には、どう思われるかよりも自分の都合を優先させるので、結果的にドタキャンの回数も増えてしまうのです。

■女性を「お前」呼び
「お前」と言われて嬉しい女性はあまりいないのでは?恋人は本来対等な関係のはずなのに、まるで見下されているようで不快な気分になる方も多いはず。男性は本命の女性に対して敬意を払うので、○○さんや○○ちゃんなど、きちんと名前で呼ぼうとします。「お前」呼びは無意識のうちに相手を自分より下の存在として認識しているということですので、彼との関係を冷静に考えた方がよいかもしれません。

今回は本命じゃないからされてることを4つ解説させていただきました。関係が安定したように見えても注意が必要そうですね。彼に一つでも心当たりがあったら注意しましょう。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ