SKE48、新センターの12歳は「話題性だけじゃない、オーラのある子」

日刊SPA!

◆新センター・林美澪は12歳

SKE48が9月1日に28thシングル「あの頃の君を見つけた」を発売する。絶対的エース・松井珠理奈の卒業後、“新生SKE48”のセンターを務めるのは、AKB48グループ最年少の12歳、まだ研究生の林美澪だ。

熊崎「話題性だけじゃなくて、かわいくてセンターという場所が似合うキラキラオーラのあるコです」

林「まだ研究生ですが、パフォーマンスを磨いて、目立てる人になれるよう頑張ります!」

今回のMVは、爽やかな青い海などを舞台に撮影された。見どころは?

青海「制服のドラマパートがあったんですが、清楚な学生のイメージだったんです。だから、髪の色も暗くして臨んだのに、スタッフさんたちから『ギャルのオーラが強すぎだから消して』って言われて、困りました(笑)」

熊崎「髪を振り乱して全身で踊るSKE48の曲のなかでは珍しく、顔の周りで手を動かすかわいい振り付けです。マネしやすいので皆さんにやってもらって、SNSでバズったら嬉しいです」

◆“あの頃”の自分に言いたいことは?

タイトルにちなみ、“あの頃”の自分に言いたいことはある?

青海「漢字を読むのが本当に苦手で世間知らずだから、学生時代の自分に『ちゃんと勉強して』って言いたい」

林「小さい頃からダンスを習っていて、やめそうになったことがあるんです。やめていたらSKE48にも入らなかったので、あの頃の自分に『もうちょっと頑張って!』って伝えたいです」

12歳の新星がSKE48の顔となり、新たな歴史のページを紡いでいく。

【SKE48】

9月1日に、28thシングル「あの頃の君を見つけた」を発売。カップリングには、2ndシングル「青空片想い(2021ver.)」や投票で選ばれたユニットのプリマステラの楽曲、「世界の山ちゃん」応援ソングなどを収録。

取材・文/森ユースケ 撮影/藤田真郷

※週刊SPA!8月24日発売号より

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ