城島茂、10年ぶりのDASH村で見つけたモノ 「生々しい」と驚きの声

しらべぇ




21日から22日にかけて放送された『24時間テレビ44』(日本テレビ系)で、TOKIOの城島茂が『ザ!鉄腕!DASH!!』(同局系)の「DASH村」を10年ぶりに訪れる映像が流れた。

■仲間とともにDASH村へ


今年は東日本大震災から10年。DASH村がある福島県浪江町も被害を受けた場所の一つで、番組では震災当日にDASH村にいた城島やスタッフたちの様子や、近くの山が崩れる映像が放送された。

そして今年7月、城島は『DASH』でおなじみのKing & Princeの岸優太、SixTONESの森本慎太郎とともに10年ぶりDASH村の門を開く。

■母屋で見つかったモノ


草木が生えて田んぼの形跡はなく、生活の拠点でさまざまな思い出詰まった母屋の自慢の茅葺き屋根はボロボロに。

放射能の除染が進んでいないため中には入れなかったが、外から覗くと、「城島」と書かれたヘルメットを発見。「休憩中に震災来たんよ」と話した城島は、囲炉裏を見つけると「ここで明雄さんとご飯食べたな~」と“6人目のTOKIO”として親しまれた農業指導者の三瓶明雄さんとの思い出を振り返った。

■「村のシンボル」は今も健在


また、崩れている登り窯に城島が「傷んでるから直したいと思うんやけど、10年経っても触れなくて見てるだけしかできない」と悔しさをにじませる場面も。

一方で、樹齢50年を超える村のシンボル「里桜」は今も健在。立派な姿に城島「僕らが村に来られないから勝手に時が止まってると思ってたけど、全然そんなことなくて。やっぱり僕らは走り続けてなんぼなんやな」と感慨深げに語っていた。

■ネットの反響は…


休憩中に脱いだ城島のヘルメットが今も残る時が止まったDASH村に、視聴者からは「震災当時のまま取り残されたリーダーのヘルメットが生々しくて突き刺さった」「本当に時が止まっていたんだな、DASH村は」「東京にいたけどその時代を生きてるから。涙が止まらない」と反響が続出。

その中でも力強く今を生きている里桜の姿には、「沢山の葉をつけ、生きていてよかった」「あの里桜あんなに大きくなったの!?」と驚く声もみられている。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ