聖地“月島”に世界初の「もんじゃ自販機」が登場 人気店の味を再現した冷凍もんじゃを販売


もんじゃ自販機

東京名物“もんじゃ焼き”の自動販売機が、月島にあるもんじゃストリートに設置されました。

明治4年創業の豊洲市場水産仲卸「尾粂商店」の直営店として営業する「月島もんじゃ おこげ 月島本店」の人気メニューを再現した“冷凍もんじゃ”が販売されており、家で手軽に名店の味を楽しむことができます。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

もんじゃ自販機で販売されているのは、「明太子もちもんじゃ1.5人前(税込1400円)」「いか墨もんじゃ1.5人前(税込1500円)」「五目もんじゃ1.5人前(税込1300円)」「和牛すじカレーもんじゃ1.5人前(税込1500円)」など。

販売されているメニューはすべて「自宅にあるホットプレートやフライパンを使って、お店の味がそのまま楽しめる事」をコンセプトに開発された冷凍のもんじゃ焼きセットです。ホットプレートを使ってもんじゃを焼くために、キャベツや具材の大きさなどを調整。販売にいたるまでに、何度も試作を繰り返したというこだわりの商品。

冷凍のもんじゃ焼きセット

具材やだしのほかにもんじゃを食べる際に使用する2枚の小さなヘラ(ハガシ)がセットになっているのも特徴のひとつ。さらにもんじゃの美味しい焼き方の説明書がついているため、初めての人でも作ることができます。

もんじゃの美味しい焼き方の説明書付き

「明太子もちもんじゃ」は豊洲市場で目利き厳選した大ぶりな明太子を丸ごと1本使用した、お店でも一番人気を誇るもんじゃ。

明太子もちもんじゃ

「いか墨もんじゃ」は賄いの一番人気。いか墨のコクとクリームベースのだしが特徴で、キャベツとご飯が入っており、リゾット風に仕上がるのだとか。トッピングにチーズをかけると、より美味しく食べられるそうです。

いか墨もんじゃ

「五目もんじゃ」は豚肉・いかげそ・さつま揚げ・そばなど7種類の具材が入った昔ながらの味わいが特徴。一度食べたらやみつきになると、子どもから大人にまで人気のもんじゃです。

五目もんじゃ

「和牛すじカレーもんじゃ」はじっくり煮込んだ米沢牛のすじ煮と、特製ブレンドしたカレー粉のスパイシーな香りが食欲をそそる逸品。変わり種のもんじゃを楽しみたい方にもおすすめです。

和牛すじカレーもんじゃ

なおYouTubeにて冷凍もんじゃの作り方動画も公開中。家庭のホットプレートで簡単に美味しく作る手順が紹介されています。

情報提供:加納コーポレーション株式会社

当記事はおたくま経済新聞の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ