田中圭『死神さん』、第弐話相棒は蓮佛美沙子「ぶっ飛んだ役、もっと演じていたい」

クランクイン!

 俳優の田中圭が主演を務め、女優の前田敦子が共演する9月17日スタートのHuluオリジナル『死神さん』より、第弐話で主人公・儀藤の相棒役を、女優の蓮佛美沙子が演じることが発表された。併せて、田中と蓮佛がひき逃げ冤罪事件に挑むバディとして息の合った演技を披露するPR映像も到着した。

大倉崇裕の同名小説(幻冬舎文庫)をドラマ化する本作は、警視庁内で「死神」と呼ばれるクセモノ刑事・儀藤堅忍(ぎどう・けんにん)が、事件ごとに相棒を替えながら冤罪事件を再捜査し、「逃げ得は許しません」の決めゼリフと共に真実を明らかにしていく痛快ミステリードラマ。前田は、儀藤と相棒の間を取り持つ“連絡係”として捜査をサポートする警視庁広報課所属の巡査長・南川メイ(みなみかわ・めい)役を担当。メイン監督を堤幸彦が務める。

事件ごとに替わる儀藤のバディも大きな見どころのひとつとなる本作。第弐話のバディとして蓮佛が演じるのは、八王子中央署・交通課巡査長の三好若菜(みよし・わかな)役。三好は警察のパワハラ・セクハラ体質にうんざりして転職活動を続けていたが、儀藤から再捜査の相棒に任命されると「一度、刑事をやってみたかった!」と、初めての捜査に意気揚々と臨んでいく。

ふたりが再捜査するのは、借金癖のある夫をひき殺した容疑で逮捕された妻に、無罪判決が出された事件。逮捕当時、容疑者の世話係を務めていた三好は「妻こそが真犯人で、不倫相手が共犯者だ!」とあくまで主張するが…。果たしてふたりがたどり着く真相とは。

かつて大林宣彦監督から“20年に1人の逸材”と称され、幅広い役柄をこなしてきた蓮佛は、今回の若菜役について「はじめてに近いくらいぶっ飛んだ役」とコメント。「すっごく疲れたけど、すっごく楽しかったです。もっと演じていたい!という気持ちで撮影を終われたことがとても嬉しかったです」と撮影を振り返った。

一方儀藤役の田中は、蓮佛との共演について「この作品は弐話からの撮影でしたが、儀藤を手探りで始めるというところで言うと、何度か共演させていただいている蓮佛さんが最初のゲストで良かったと思います。彼女はお芝居も心地よく、丁寧に返してくれる方なので、すごく安心して作品に馴染むことができました」と語っている。

第弐話のPR映像は、三好(蓮佛)が、パトロール中に現れた儀藤(田中)から突如相棒に指名されたにもかかわらず、ノリノリで捜査に臨む様子を収めたもの。その姿はメイ(前田)を「なんなんすか、この女」とイラつかせるほど。そんな彼女が儀藤にツッコミを入れたり、感情を爆発させ蹴りを食らわせたりする姿も映し出されており、三好の自由で型にはまらない魅力が伝わってくる映像となっている。

Huluオリジナル『死神さん』は、Huluにて9月17日より毎週金曜配信。全6話。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ