鈴木亮平“喜多見”、停電した病院で恐るべき危機に襲われる

テレビドガッチ

鈴木亮平が主演を務める日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第8話が、8月22日に放送される。

最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車両(ERカー)で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、“一人も死者を出さない”ために奮闘する救命救急チーム“TOKYO MER”の活躍を描く。

救命救急チーム“TOKYO MER”のメンバーは、チーフドクターの喜多見幸太(鈴木)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師・ホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)。そして、厚生労働省の官僚であり医師の音羽尚(賀来賢人)の7人。

先週放送された第7話では、喜多見の前に立ちはだかる新キャラクターとして、稲森いずみ演じる公安刑事・月島しずかと城田優演じるテロの首謀者・ツバキが登場。ネット上では「城田優出てきてびっくり!」「城田優が神々し過ぎる」「稲森いずみさんめっちゃカッコいい」「キレイすぎてやばい」「配役が完璧」「キャストが豪華」などのコメントが寄せられた。

<第8話あらすじ>
とある病院で、停電により全ての医療機器が停止! 多くの患者が死に直面するパニックに。出動した喜多見幸太(鈴木)らMERメンバーだが、“空白の1年”の秘密を知ってしまった音羽(賀来)は激しく反発。「そんな人に命を預けることはできない、命令には従わない」と宣言し、MERメンバーの信頼関係は崩壊してしまう。

そんな中、患者を救うため単独で屋外の発電機復旧に向かった喜多見を、恐るべき危機が襲う。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ