「メンフィス・ジューキンは僕らにとって最もポジティブなものの一つで、それはメンフィスの街全体に深く根付いている。僕らはそのことを大切に思っているんだ」 『リル・バック ストリートから世界へ』 リル・バック インタビュー/Interview with Lil Buck about “Lil Buck: Real Swan”

NeoL



観る者を釘付けにする独創的なパフォーマンスで、ストリートから世界へと飛躍した驚異のダンサーの軌跡を追ったドキュメンタリー映画『リル・バック ストリートから世界へ』が8月20日より全国順次公開される。全米有数の犯罪多発地帯としても知られるメンフィスで貧しい少年時代を過ごしたリル・バック(本名:チャールズ・ライリー)は、地元で生まれたストリートダンス“メンフィス・ジューキン”に没頭するように。やがて、本格的にダンスを学ぶようになり、一本の動画をきっかけに世界的な注目を集めるー。フランス出身のルイ・ウォレカン監督がメガフォンを執った本作は、メンフィスの街を背景に、貴重なアーカイブ映像やゆかりのある人物たちのインタビューなどを交え、リル・バックという稀有な存在を立体的に描き出す。ぜひ大画面で堪能したい、本作でしか観られない撮り下ろしのダンス映像も必見だ。映画の日本公開を前に、リル・バック本人にリモートインタビューを行い、メンフィス・ジューキンの魅力や映画の誕生秘話などをたっぷりと語ってもらった。(→ in English)

――昨年公開されたショートフィルム『Nobody Knows』で初めてあなたのダンスを観たのですが、これまでに見たことのないような独創的なパフォーマンスに圧倒されました。ご自身の言葉で表現すると、メンフィス・ジューキンはどんなダンスですか?

リル・バック「(メンフィス・ジューキンを)一度も見たことのない人に、視覚的にどのようなダンスなのかを説明するとしたら、『マイケル・ジャクソンの10倍』とかかな(笑)。たくさんのグライドやスライドやバウンスで構成されているんだ。基本的にメンフィス・ジューキンは、僕らが耳にした音楽に反応して発するバウンスから生まれた。メンフィスのアンダーグラウンドのラップミュージックから生まれたんだ。バウンスから始まって、ギャングスタ・ウォークを経て、みんながいろんなステップやグライドやスライドを加えて、メンフィス・ジューキンや現在のスタイルへと発展していった。でも、一度も見たことのない人だったら、『メンフィスという街で生まれた、スライドやステップやトゥスピンやグライドを多用する、音楽性に基づいたダンススタイル』とだけ伝えるかな。一つのリズムから別のリズムへ、また別のリズムへと踊るというか…これで伝わるといいけど(笑)」





――あなたの人生において、ダンスが大切な存在となったきっかけを教えてください。

リル・バック「物心ついたときから姉が踊るのを見て育ったから、ダンスは僕の人生における大切な存在だった。姉はいつもダンスに夢中で、それは僕が日々ハッピーでいられる一つの要因となっていた。僕は非常に貧しい環境で育ったので、子どもの頃は何もすることがなかったんだ。僕らには何もなかったからね。ダンスは何も買わなくてもできるし、踊っていれば楽しいと感じられた。姉が幸せそうに踊っているのを見て、自分でもやりたいと思うようになったんだ。姉と一緒にダンスすることで、仲間意識を共有しながら成長できたのもうれしかった。僕のダンスへの愛と情熱は、そのようにして生まれたんだ」

――ずっとダンサーを目指していたのですか?

リル・バック「子どもの頃から、実はアートが大好きで、アニメの絵を描くことに夢中だった(笑)。『ドラゴンボールZ』や『トライガン』や『カウボーイビバップ』とか、あらゆるアニメの絵を描いていたんだ。ずっとアーティストになりたかったんだけど、ダンサーになりたいという気持ちの方が強かった。姉からはダンスへの愛や情熱を学んだ。でも、それからメンフィスに引っ越して、そこで目撃した地元のスタイルが、自分の野心や目標とするダンスに近かったんだ。僕はマイケル・ジャクソンのような動きができるようになりたいと思っていたんだけど、ストリートダンスのスタイルであのような動きは見たことがなかった。もちろん、マイケルが多くのダンスムーブを学んだスタイルであるポッピングもあったけど、メンフィスにはなかったからね。僕らにあったのはジューキンだけで、キッズはみんなスニーカーを履いてグライドしていた。僕はそうやってのめり込んでいったんだ。初めてメンフィスのストリートでジューキンを見たのは、12、3歳の頃。駐車場に停めた車の外で踊っている子がいて、まるで水上でグライドしているみたいだった。僕はそのときにメンフィス・ジューキンとそのスタイルに惚れ込んで、彼を見てダンサーになりたいと思ったんだ」





――この映画はどのような経緯で生まれたのですか?

リル・バック「4年ほど前、LAに引っ越したばかりの頃に、振付師でLAダンス・プロジェクト(クリエイター集団)の創設者でもあるバンジャミン・ミルピエと出会ったんだ。彼はヨーヨー・マとのパフォーマンスを観て僕のことを知り、僕らは一緒に何度かコラボレーションした。本作『リル・バック ストリートから世界へ』のルイ・ウォレカン監督は、僕とバンジャミンのプロジェクトにビデオグラファーとして携わっていたんだ」

――そうだったんですね。

リル・バック「彼はそのときに撮ったショートフィルムのインタビューなどを通して僕のスタイルを知り、メンフィス・ジューキンについて学び始めたんだ。当時から興味はあったようだけど、転機となったのは、メンフィス・ジューキンが徐々に世界的な人気を集め始めたこと。それは多くの人が知りたがり、学びたがるダンススタイルとなり、僕がこのカルチャーのためにやってきたことも手伝って、メインストリームでも人気が急上昇した。僕が大きく関わっていると知ったルイ・ウォレカンは、僕が初めてジューキンを見たときと同じように心を動かされ、実際に何かしたいと考えたんだと思う。当時の彼は劇場用映画を監督をしたいと思っていて、ムーブメントを映像に収めるという点でも、メンフィス・ジューキンが大きなインスピレーションとなったんじゃないかな。僕もずっとメンフィスのカルチャーやメンフィス・ジューキンのストーリーを伝えたかったし、世界規模で上映したいと思っていた。だから、メンフィス・ジューキンやこのスタイル全般についての映画を世に出したいという気持ちが、お互いに一致していたんだ」





――今回のドキュメンタリーを製作するにあたって、監督に提示した条件はありますか?

リル・バック「監督には、ロケをする際は僕たちの意見を聞いてほしいと伝えた。外部から来る人間が完全な信ぴょう性を求めることはわかっていたからね。これはあくまでもストリートダンスなのだということを知ってもらいたかったんだ。誰かと一緒じゃないと、強盗に遭わずには行けないような場所がまだあるんだよ(笑)。監督はこのカルチャーを尊重し、それが尊重する価値のあるカルチャーであることを知った上で参加していたし、僕らもその考えを共有していた。彼にはジューキンについて学びたい人や、ジューキンを通して何かしたい人、あるいはジューキンを搾取したがる人もたくさんいることを伝えた。このカルチャーを安心して彼の手に委ねることができるように、必要な場合はいつでも僕たちを頼ってほしいし、編集にも参加させてほしいと頼んだんだ」

――リアルな作品にするために。

リル・バック「そうだね。メンフィスの人々の話し方から、監督が特定の人たちに投げかける質問まで、信ぴょう性が感じられるようにしたかったんだ。僕らにはお互いに対するリスペクトや理解があって、それは僕自身よりも大きなものだった。それは監督よりも大きなものであり、僕ら2人の野心よりも大きなものでもある。それは一つのカルチャーなんだ。カルチャー全体なんだよ。ジューキンはメンフィスが所有する数少ない財産の一つであり、この街が生み出したポジティブなものなんだ。僕らにはブルースがあり、音楽シーンがあり、ロックンロールがあり、エルヴィスがあり、バーベキューがある(笑)。メンフィスというと、そういうものしか思い浮かばないよね。でも、今はメンフィス・ジューキンがあるんだ。メンフィス・ジューキンは僕らにとって最もポジティブなものの一つで、それはメンフィスの街全体に深く根付いている。僕らはそのことを大切に思っていて、監督にはそれをリスペクトしてほしいとだけ頼んだ」





――劇中では、メンフィス・ジューキンにゆかりのある伝説のローラースケートリンク、クリスタル・パレスが登場します。若者をトラブルから守っていた場所でもあるそうですが、閉鎖されてしまったそうですね。現在のメンフィスの若者を取り巻く状況はいかがですか?

リル・バック「まず第一に、君がクリスタル・パレスを知っていること、メンフィス以外の人があの魔法のような場所について知っているということが、すごくうれしいよ。クリスタル・パレスのことをそんな風に語ってくれるなんて感無量だ。この映画が役目を果たしているということだね。クリスタル・パレスは、若者がトラブルに巻き込まれることなくダンスやローラースケートを楽しめる場所だったんだけど、残念ながら閉鎖されてしまった。でも今、このダンスは進化し続けている。僕がこの業界でやってきたことや、メンフィス・ジューキンを世界に紹介したこと、ジューキンでも生計を立てられるのだと地元の仲間たちに示したことが、その理由だと思う。それに誘発されて、メンフィスでは多くの人々が自分たちの手で自分たちのための機会を生み出し始めているんだ」

――たとえば、どのような変化がありましたか?

リル・バック「今はメンフィス・ジューキンを習ったり、練習したりできるダンススクールがあるんだ。僕がかつて所属していたサブカルチャー・ロイヤルティもあるし、ダンサーのラディア・イェーツが最近オープンしたLYEスタジオとかね。彼女は僕と同じように幼くしてメンフィス・ジューキンを習得し、それによって人生が変わったからスクールをオープンしたんだ。僕もメンフィスのダウンタウンにジューキンが学べるアカデミーをオープンする予定。ちょうど今、準備しているところなんだ」

――それは楽しみですね。

リル・バック「それに、次世代のキッズは賢いんだよね。彼らはダンスに対する好奇心や向上心が強くて、このダンススタイルに付随する楽しさや喜びにだけ目を向けている。僕たちは、本物の系譜をキープしつつ、これがストリートダンスであることを知ってもらうようにしている。でも、彼らは僕らが経験してきたような様々な課題や苦労を経験する必要はないんだ。なぜ昔は違ったかというと、ジューキンに与えられた機会が文字通りゼロだったから。でも今はYouTubeやSNSなど、いろんなプラットフォームが存在する。自分の個性を発揮して、目の前で君のダンスを見ているイトコだけでなく、他の人にも自己表現することができるんだ。今の僕たちにはそれくらいの大きな影響力があるから、このダンススタイルの中で個性を分かち合えるようになった。それによって、多くの子どもたちがトラブルに巻き込まれずに済んでいる。正直なところ、彼らはこのダンスにとても惚れ込んでいる。彼らには彼らなりの願望があって、いつかは僕を追い越したいと思っているんだ」





――この作品を通して、ご自身についての新たな発見や驚いたことはありましたか?

リル・バック「僕は今でも自分が学ぶ側だと思っているし、メンフィスの仲間たちのファンだと思っているから、帰省するたびに自分の影響力の大きさに驚かされるんだ。僕にとってのダンスの神様はダニエル・プライスやDr.リコなど、子どもの頃から崇拝してきた人たちだからね。彼らこそメンフィス・ジューキンの最高峰だった。今でも大ファンだから、みんながこの僕に影響を受けているなんて違和感を覚える。クレイジーだよ。いまだに驚いているんだ。僕はまだ、この夢から覚めていないような気がする。今でも自分で自分をつねっているんだ(笑)」

――今度は本作を通して、日本の観客にもインスピレーションを与えることになります。映画の日本公開を前にして、どんな気分ですか?

リル・バック「呆然としている。言葉を失ったよ。だって、僕は日本の文化が大好きだからね。さっきも言ったように、僕は子どもの頃から大のアニメファンで、『カウボーイビバップ』を観ながら日本語を学んでいるんだ」

――そうなんですね。

リル・バック「僕はずっと日本や日本の文化、それに日本のあらゆるシーンが大好きだった。この映画が日本で公開されるなんて…わからないけど、なんだか圧倒されてしまうよ(笑)。今すぐにでも日本に行って立ち会いたいくらいだ。素晴らしい気分だね。人として、一個人として、僕は日本の文化から深いインスピレーションと影響を受けてきた。僕の動き方やダンススタイルだって、日本のアニメや文化から派生したものがたくさんある。だから奇妙な形で、これは僕にとって原点に戻ったという感じなんだ。興奮しているよ」

――日本に来たことはありますか?

リル・バック「日本には何度も行ったことがある。僕の妻は日本人なんだけど、『私よりも日本に行っているよね』って、からかわれているんだ。22、3歳の頃、CMの仕事に恵まれて大金を得たんだけど、僕は文字通り、そのお金を全部費やして、1ヶ月おきに日本に通っていた。ファッションもカルチャーもアニメも食べ物も大好きだから、日本のカルチャーを大いに体験したかったんだ」

――また安全に移動できるようになったら、ぜひ日本に来て、日本のキッズにもダンスを教えてほしいです。

リル・バック「絶対にね。妻は日本人でダンサーでもあるから、実は今、一緒に計画しているところなんだ。日本のスタジオに行って、2人でダンスを教えたいと思っているよ」



text Nao Machida

『リル・バック ストリートから世界へ』8月20日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほかにて全国順次公開http://moviola.jp/LILBUCK/原題:LIL BUCK REAL SWAN|監督:ルイ・ウォレカン|2019 年|フランス・アメリカ|85 分|DCP|カラー 字幕:大西公子 配給:ムヴィオラ


――I saw your dance for the first time when my friend sent me the link to your short film “Nobody Knows.” I was really impressed because I had never seen anyone dance like you. How would you describe Memphis jookin in your own words?

Lil Buck: If I were to describe how it looks visually as far to somebody that's never seen it before, I'd say like Michael Jackson times ten [laughs.] It consists of a lot of glides and slides and a bounce. So basically, Memphis jookin was born from this bounce that came from how we vibe with the music that we’d hear. Memphis jookin was born from Memphis underground rap music. So it started with the bounce, and then after that came Gangsta Walk, and it evolved from that to people adding different steps to it and then different glides and slides to it, and it evolved to Memphis jookin and the style you see now. But for people that never seen it before, I would just tell them that it's a dance style that's native to the city of Memphis that consists of a lot of slides and steps and toe spins and glides and it’s based on musicality. So like just dancing from one rhythm to another to another… And yeah, if that makes any sense to you [laughs.]





――How did dancing become an important part of your life?

Lil Buck: Dancing was an important part of my life, because for as long as I can remember, I grew up watching my sister dance. She was always into dance. And that's just been one of those things that has helped keeping me happy in life. I grew up in a lot of poverty and we didn't have nothing to do as kids growing up, because we didn't have anything. Dance was something that you didn't need to buy anything, you can just have fun doing this. I would just see how happy my sister was dancing and that would just make me want to do it, too. And it made me happy to be able to dance with her and have that camaraderie with her growing up. So that's how my love and my passion for dance started.

――Did you always want to become a dancer?

Lil Buck: Growing up, I actually was into art and I was really into drawing anime [laughs.] I would draw “Dragonball Z,” “Try Gun” and “Cowboy Bebop” and all types of different anime. I wanted to be an artist for a long time, but I wanted to be a dancer more. I learned from my sister just my love and passion for dance, but then when we moved to Memphis and started to see the actual style that they had there and what they were doing, that was close to my ambitions and my goals of dance. I wanted to be able to somehow move like Michael Jackson, and I'd never seen any other street dance style from anywhere else moving it in that similar way. There was popping of course, which is the dance style that Michael learned from and got a lot of his moves from, but we didn't have any of that in Memphis. All we had was jookin and all these kids gliding around in their sneakers, so that's how I got into it. I was around 12 or 13 when I first saw it in the streets in Memphis. I just saw a kid dancing outside of a car in the parking lot, and he was gliding like he was on water. That's when I fell in love with Memphis jookin and that whole dance style, and that's when I wanted to be a dancer when I saw him.





――How did this film come about?

Lil Buck: Almost four years ago, it was around the time when I first moved to LA actually, I met Benjamin Millepied who is a choreographer and the founder of L.A. Dance Project. He’d heard about me, he saw what I've done with Yo-Yo Ma and we did a few collaborations together. And Louis Wallecan, the director of “Lil Buck: Real Swan” was actually working with Benjamin Millepied as a videographer on the project that we did together.

――I see.

Lil Buck: That's when he started to learn about Memphis jookin through doing this film, interviewing me and learning more about my style. So he'd been interested since then, but it wasn't until Memphis jookin started to slowly gain its popularity in the world. It became a dance style that a lot of people wanted to know about or learn, and it was getting really popular in the mainstream, because of everything I was doing for the culture. And when Louis Wallecan saw that I was behind a lot of this, I think he felt the same way that I felt about it when I first saw it, and he wanted to actually do something about it. I know he was on his journey in becoming a film director, and I think Memphis jookin was one of his big inspirations when it came to capturing movement on film. And I always wanted to tell the story of the Memphis culture and Memphis jookin and have that be shown on a global scale. So we both were like-minded about getting the film about Memphis jookin and about the style in general out there.





――When approached about this documentary, were there any conditions that you gave to the director?

Lil Buck: I just told the director to listen to us as far as the places that he wanted to shoot. Because I know for coming from outside, you want to get the full authenticity. I wanted him to know that it’s still a street dance. There are still places that you got to be with somebody to be able to go to, to actually not getting robbed or whatever, you know? [laughs] The director came into it having respect for the culture and knowing that this is a culture worth respecting, and we shared that with him. We told him that there's a lot of people who want to come in and learn about jookin or do something with it, or exploit it in certain ways. And for us to be able to trust this culture in your hands, we just asked him if he could just trust us with whatever he needed, and to have us be in that whole creation process with him as far as how it's being edited.

――To make sure that it’s real.

Lil Buck: Yeah, we made sure that the authenticity really comes out, from how people speak in Memphis to the questions he's asking certain people. So we just had that mutual respect and that mutual understanding that’s bigger than myself. And it’s something that's bigger than him, and bigger than both of our ambitions. It's a culture, you know, it's a whole culture. This is one of our few prized possessions that we have as far as Memphis and something positive coming out of the city. We have blues, we have the music scene, we have rock and roll, we have Elvis, we got barbecue [laughs.] When you think of Memphis you only think of these different things. But we have Memphis jookin now, you know? Memphis jookin is one of our most positive things that we get that's deeply rooted into the fabric of the city of Memphis in general. So we hold that dear to our hearts, and we just asked that he respect it, and that was it.





――In the movie, we get introduced to the skating rink called the Crystal Palace where Memphis jookin started. It was a place that helped kids staying out of trouble but now it’s closed down. How is the situation surrounding kids in Memphis now?

Lil Buck: First of all, it makes me feel so good that you know about the Crystal Palace, and that people outside of Memphis know about this magical place! It just fills me up with joy that you can even speak about the Crystal Palace that authentically. I know that the film is doing its job, it's serving its purpose. Yeah, it was a place where a lot of kids can come in and stay out of trouble and just dance or skate, and unfortunately, it's closed down now. But now, the dance is ever evolving, I think because of what I've done in the industry and because of how I've introduced the world to Memphis jookin, and show that there was a path for you to be able to do this dance and actually make a living from it for my peers back in Memphis. And it's inspired a lot of Memphians to actually take the reins from home and start building opportunities for themselves.

――What are some of the changes?

Lil Buck: So there are dance schools out there now where you can learn and practice Memphis jookin and do all these different things. There is Subculture Royalty which is I'm an alumni member of. There's also LYE Studios that just opened up. Ladia Yates is a dancer who learned Memphis jookin at a young age like me, and it changed her life, so she opened up a school. And I'm opening up an academy as well, where you can learn how to jook downtown in Memphis. We're working on it right now.

――That’s exciting.

Lil Buck: Also, this next generation of kids, they're smarter. And they're craftier and ambitious for dance in general. The generation after us, they just see the fun and joy that's attached to this dance style. We keep in that lineage of authenticity alive and making sure they know that it's a street dance, but they don't have to go through these different challenges and struggles that we went through. The reason why it was different back in the day was because there was literally zero opportunity for this dance. Now we have YouTube and social media and these different platforms. So you actually get to show your individuality and express yourself to somebody other than your cousin who's over here watching you dance. And then now, we have this whole next level of influence and sharing your individuality within this dance style. So a lot of kids are keeping themselves out of trouble. To be honest, they are so in love with this dance. They have aspirations of their own. They want to get past me one day.





――What were some of the things that you found about yourself that surprised you through this film?

Lil Buck: I'm always surprised at the level of influence I have when I go back home, because I still consider myself such a student and a fan of my peers back in Memphis. The gods of dance to me were Daniel Price and Dr. Rico and these people that I grew up worshipping and idolizing, because they were the best at Memphis jookin. And I'm still such a fan at that level that when I go back, it feels weird in a way that everybody is so influenced by me now. It's crazy. It's still surprising to me. I feel like I still haven't woken up from this dream yet. I'm still pinching myself over it, you know? [laughs]

――Now, you are about to inspire a lot of people in Japan through this film. How do you feel that the movie is going to be released in Japan this summer?

Lil Buck: I am so ecstatic. I'm lost for words. Because first of all, I'm in love with the Japanese culture. Like I said, I grew up a big fan of anime and learning how to speak Japanese just by watching “Cowboy Bebop.”

――Oh, you did?

Lil Buck: I always had a love for Japan and the culture and that whole scene out there. And to see this film coming out in theaters in Japan…I don't know, it's kind of overwhelming [laughs.] I wish I could be there right now to see it, but it's a beautiful feeling. Because, like I said, I've been deeply inspired and influenced by the Japanese culture as far as who I am as a person and who I am as an individual. Even when it comes to how I go about certain movements, and my dance style, a lot of it came from Japanese anime and that whole culture of Japan. So it's like a 360 for me in a weird way. I'm excited about it.

――Have you been to Japan?

Lil Buck: Yeah, I've been there many times. My wife is Japanese and she makes fun of me and say, “You're in Japan more than I am.” Because there was a moment when I was around 22-23 years old, I was being blessed enough to book certain commercials and get paid a lot of money. I would literally spend all of that money that I got on trips to Japan every other month, just to go to Japan.Because I love the fashion, I love the culture, I love the anime, I love the foo, I wanted to really experience Japanese culture for myself.

――I hope you can come back to Japan when it’s safe and teach kids how to dance like you.

Lil Buck: Absolutely. I'm trying to work that out actually because my wife is Japanese and she's a dancer. We're trying to do something where we get to go out to studios and teach them together.



text Nao Machida

当記事はNeoLの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ