世帯年収800万円から転落、60代で貯金はゼロ。家とレクサスのローンが重すぎる

日刊SPA!

厚労省の調査によると、世帯主が50代の場合、貯蓄額は平均1049万円ほど。ただ、一方で貯蓄ゼロ世帯は14.8%もあり、実に6世帯に1世帯が「貯金ゼロ」というのが現実だ。そんな彼らを待つ老後とは、いかなるものなのか。現役時代は世帯年収800万円あったが貯金はゼロだった夫婦のリアルに迫る。

◆世帯年収800万円夫婦が陥った老後破産の危機

千葉県の駅近エリアに一軒家を構え、自家用車のレクサスを乗り回す――。そんな加藤さん夫妻を、貯金ゼロ円世帯だと見破る人はまずいないだろう。だが、妻の幸子(仮名・65歳)さんは「すでに家計は火の車」だと嘆く。

「夫は夜間警備員の仕事で毎月約10万円、私は弁当屋で働き8万円の収入がありますが、明日の食費すら捻出できない月があります」

夫の茂樹さん(仮名・66歳)は、60歳まで地元のインフラ企業に勤め、定年前の世帯年収は800万円。現在は1か月あたり21万円の厚生年金がある。2人で暮らすには十分な額だが、月々13万円の住宅ローンと、3万円の車のローン返済、さらに毎月5万円のカード返済が家計を圧迫している。

「夫が役員に昇進し70歳まで働くことを前提に住宅ローンを組んだのが間違いでした。実際は60歳を前に出世コースから外れ、そのまま退職。年金だけだと今までの暮らしを維持することが難しく、退職金も3年で使い果たしました」

◆息子にカネの無心も…

今では、生活費が枯渇すると「孫の面倒を見ているのだから1万円払ってくれ」と息子にカネの無心をすること。

「心の拠りどころが2年前に購入したレクサス。車に乗っていると、自分も人並みの暮らしができているような気がしますから」

ローンを組んで買ったお気に入りのレクサス。購入を決めたときは、娘や息子から大ひんしゅくを買ったという。

現在、39万円の収入のうち18万円は労働によってまかなわれている。今の暮らしを維持するためには年金だけでは足りず、働かざるをえない現実。

一見裕福そうだが実際は、夫婦のどちらかが働けなくなれば、老後破産まっしぐら、綱渡りの状況だ。

◆<加藤さんの家計簿>

収入 39万円

住居費 13万円

食費 9万円

水道光熱費 2.4万円

交通/通信費

(車のローン含む)6万円

生活日用品 1万円

保健医療 2万円

夫の小遣い 5万円

妻の小遣い 0.6万円

貯金 0円

<取材・文/週刊SPA!編集部>

※週刊SPA!8月17日発売号より

―[[貯金ゼロ円]の老後]―

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ