スカーレット・ヨハンソンの夫コリン・ジョスト、スカヨハの妊娠を認める「待ちきれない」

クランクイン!

 先月はじめに第2子を妊娠中であると報じられた女優のスカーレット・ヨハンソン。ついに夫のコリン・ジョストが彼女の妊娠を認め、「父親になるのが待ちきれない」と語った。

Page Sixによると、先週末、米コネチカット州リッジフィールドにある劇場・リッジフィールドプレイハウスでスタンダップコメディの舞台に立ったコリンが、観客に向かって「赤ちゃんが出来たんだ。すごくワクワクしてる」と、スカーレットの妊娠を認めたそう。父親になるのが待ちきれないと、観客と喜びをシェアしたようだ。

スカーレットの妊娠は、今年6月に、彼女が主演・製作総指揮を務めた大作『ブラック・ウィドウ』のイベントに参加しなかったことから、噂になっていた。スカーレットはレッドカーペットイベントに登場する代わりに、リモートでトーク番組に出演したが、どれも肩から上のみの出演だった。

そして7月、同サイトがスカーレットの第2子妊娠を報道。情報筋の話として、「予定日は近く、スカーレットとコリンはとても楽しみにしている」と報じていた。

スカーレットとコリンは、3年の交際を経て、2020年10月に結婚。チャリティ団体「Meals on Wheels」のインスタグラムを通じて「家族と愛する人が参加して、プライベートな挙式を行いました」と公表していた。

スカーレットには、元夫でジャーナリストのロマン・ドリアックとの間に、6歳になる娘ローズちゃんがいる。コリンにとってはこれが初めての子どもとなる。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ