『TOKYO MER』“壮大な新章”に落胆の声…「安っぽい」「医療に特化して」

まいじつ

TOKYO MER~走る緊急救命室~ 
『TOKYO MER~走る緊急救命室~』に主演する鈴木亮平 画/彩賀ゆう 

8月15日、俳優・鈴木亮平の主演ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)の第7話が放送された。この回から新章に突入したのだが、ネット上では「前の方が良かった」と苦言が相次いでいる。

事故・災害・事件の現場へ駆けつけ、患者を救命するために発足した救命救急チーム〝TOKYO MER〟のメンバーは7人。チーフドクターの喜多見幸太(鈴木)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師のホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)、そして厚生労働省の官僚であり、医師の音羽尚(賀来賢人)。彼らが、命を救うために危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく…。

第7話では、TOKYO MERが出動した現場に警察たちの姿が。さらに、喜多見の素性を知っていると思われる公安刑事・月島しずか(稲森いずみ)も現れる。彼らは喜多見について何か探っており、常日頃から尾行をしているようだ。

また、喜多見の空白の1年を知る人物として謎の男、エリオット・椿(城田優)も登場。日本理科大の薬品保管庫から神経ガスの製造に必要な有機リン化合物を盗み出したようで、無機質な部屋で1人、喜多見に宣戦布告をしていた。

だんだん医療ドラマじゃなくなって…


もともと政治が大きく関わってくる医療ドラマであったが、この新章ではさらに警察も参加して〝テロ組織とのバトル〟をニオわせる展開となっている。

回を重ねるごとに物語がどんどん壮大になっているのだが、これに対して視聴者からは

《大風呂敷広げたらショボ最終回のフラグたつけど大丈夫か?》
《こういうのいらないからいつもの感じに戻して》
《普通の医療系ドラマで良いのに。 こういう展開はあまり好きじゃない。あくまで個人の感想》
《城田優のこれからの展開に期待する気持ちと純粋に医療ドラマが見たいという気持ちが対立してる》
《医療ドラマに政治の話なんて要らない。普通に医療に特化した話にしてほしい》
《変にサスペンス織り交ぜなくていいって…急に安っぽくなるやん……》
《スゴいんだけどさあ。こういうのじゃなくていいのよ。なんか話のスケールでかすぎなのよ》

など残念がる声も相次いでいる。

無駄に壮大なのが、この日曜劇場の良いところでもあるのだが…。



当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ