【インタビュー】『映画おしりたんてい スフーレ島のひみつ』ゲスト声優“ルル役”の鈴木梨央「ルルがたくさんの人の助けや励ましで、進むべき道を見付けて、成長していく姿を見てほしい」

テレビファン


 『映画おしりたんてい スフーレ島のひみつ』が『深海のサバイバル!』との同時上映で、8月13日から全国公開中。本作は、見た目はおしり、推理はエクセレントな名探偵・おしりたんていが、難事件を解決していく謎解き物語「おしりたんてい」の劇場シリーズ第3弾。今回は、人々が風に乗って空を飛んで移動する「スフーレ島」を舞台に、かいとうUが島の宝“風のみちしるべ”を盗む事件が発生。おしりたんていは、ワンコロけいさつや島で暮らす女の子・ルルと共に事件解決に奮闘する。本作のゲスト声優として、スフーレ島で暮らしながら、外の世界を夢見るルルの声を担当した鈴木梨央に、アフレコを行った感想や本作の見どころ、『おしりたんてい』で好きなキャラクターや、今後挑戦したいことなどを聞いた。

-ゲスト声優として参加することが決まったときは、どんな気持ちでしたか。

小さい頃から絵本を読んでいたので、『おしりたんてい』という作品に携わることができるんだという喜びと、すごく懐かしい気持ちにもなりました。当時は、まさか自分が『おしりたんてい』の世界の中に入れるなんて思ってもいなかったので、本当にうれしかったです。

-台本を読んだときの感想は?

スフ―レ島で暮らすおてんばなルルが、突然起こった事件にドキドキしたり、ハラハラしたりしながらも、たくさんの人たちの支えで自分の道や目標を見付けていく姿に感動しました。早くルルを演じてみたいなとアフレコが待ち遠しくなりました。

-鈴木さんが演じたルルは、どんなキャラクターなのでしょうか。

おしりたんていと一緒に、かいとうUに盗まれた“風のみちしるべ”を取り戻そうと奮闘するキャラクターです。おてんばでむちゃをしてしまうところがあるのですが、いつも元気で、そのパワーで周りまで明るくしてしまうような魅力がある女の子です。

-鈴木さん自身がルルに共感したり、似ているなと思う部分はありますか。

「今日、マラソンをしたいな」と思ったらすぐに友達を誘って行動に移すところや、好奇心旺盛なところが似ているなと思います。

-鈴木さんにとって『おしりたんてい』の魅力とは?

主人公のおしりたんていが思いやりの気持ちがあって、相手に寄り添う姿がすてきだなと思います。ときには厳しく、間違っているときは間違っていると相手にしっかりと向き合っていく姿が魅力的です。

-『おしりたんてい』に登場する中で、一番好きなキャラクターは?

ブラウンが好きです。声がすごくかわいくて。私は犬が大好きでトイプードルを2匹飼っているので、私の相棒になってもらいたいぐらいかわいいなと思って見ています。

-『おしりたんてい』にまつわる子どもの頃の思い出はありますか。

6才ぐらいのときに、絵本を読んでいたことが印象に残っています。いとこが「アニメも面白いんだよ」と言ってアニメ版の主題歌を教えてくれて、そのときは一度聞くと頭から離れない、インパクトのある楽しい主題歌だなと思いました(笑)。

-アフレコに挑戦して、楽しかったことや難しかったことは?

憧れの声優さんである「おしりたんてい」役の三瓶由布子さんと、「かいとうU」役の櫻井孝宏さんと同じブースで掛け合いができたことがうれしかったですし、楽しかったです。難しかったところは、叫びながらせりふを言うシーンです。ルルが空を飛びながら、遠くの人たちに向けて言うせりふがあるのですが、実際は目の前にマイクがある状態だったので、遠くの空にいる人に呼び掛けるような気持ちでせりふを言ったり、距離感を声で表現できるように心掛けました。

-三瓶さんや櫻井さんと現場では、どんな話をしましたか。

三瓶さんは小さいお子さんがいらっしゃって、お子さんも『おしりたんてい』を見ているそうなのですが、おしりたんていが三瓶さんの声だとは気付かずに聞いているとおっしゃっていたので、すごくびっくりしました。櫻井さんは、『鬼滅の刃』で私が大好きなキャラクターの冨岡義勇の声をされていることを知っていたので、『鬼滅の刃』を見ていることと、「冨岡さんが一番好きです」ということを伝えられたのでうれしかったです。

-本作のほかにも、さまざまな作品で活躍している鈴木さんですが、今後はどんなことに挑戦していきたいですか。

役としては、一つの作品でいろんな面を出してみたい気持ちがあるので、多重人格の役を演じてみたいなという願望があります。あとは、小さい頃からギターをやっていて、最近は作詞作曲にハマっているので、いつかお披露目できる機会があるといいなと思います。

-どんなイメージの曲を作っているのですか。

テーマを自分で決めたり、家族に決めてもらったりして作るのですが、家族に『応援歌』と言われたら、ちょっと背中を押すことができるような歌詞を考えてメロディーに乗せてみたりして、すごく楽しいです。私はドストレートな歌詞しか書けなくて、もっと深みのある歌詞も書いていきたいので、日々勉強中です。

-最後に、作品を楽しみにしている子どもたちにメッセージをお願いします。

ルルが、誘惑やいろいろなことがありながらも、たくさんの人たちの助けや励ましで、自分の進むべき正しい道を見付けて、成長していく姿を見ていただきたいです。大切なことは結果だけじゃなくて、一つ一つの積み重ねだったり、失敗した後にどのように行動するのかが大事だということを、作品を通じて私も改めて学べたことの一つでした。皆さんにも、そういうところを感じ取っていただけたらなと思います。

(取材・文・写真/小宮山あきの)

『映画おしりたんてい スフーレ島のひみつ/深海のサバイバル!』は公開中。
公式サイト https://www.toei-mangamatsuri.jp/

当記事はテレビファンの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ