細田佳央太『“細田”はわかってあげない』意外な一面語る<映画『子供はわかってあげない』インタビュー>

 

春ドラマ『ドラゴン桜』での演技が話題となった俳優の細田佳央太さんが、8月20日(金)より全国公開される映画『子供はわかってあげない』に書道部員・もじくん役で出演しています。

『子供はわかってあげない』は「マンガ大賞2015」で第2位となった田島列島さんによる漫画を原作に映画化。
夏休みをまもなく迎えるある日、高校2年の朔田美波(上白石萌歌)は、水泳部の練習中に書道部員のもじくん(細田さん)と運命的に出会い、思いもよらない父親探しの旅に繰り出す青春物語です。

めるもでは、細田さんにインタビューを実施。自身も影響されたという、もじくんを演じるにあたっての想いや、共演の上白石さんたちとのエピソード、細田さんの趣味&細田さんが“わかってあげない”と思うことなど、幅広くお話いただきました。

 

――『子供はわかってあげない』もじくん役は、オーディションで射止めたそうですね。

細田佳央太:はい。オーディションを受ける前に、沖田(修一)監督の『南極料理人』を拝見しました。観ていてすごく穏やかになるというか、雰囲気や世界観からちょっと懐かしさや安心感まで感じていたので、その世界に一緒に浸りたいと思っていました。もじくん役が決まって、すごくうれしかったです。

 

――台本を読んでの印象は、いかがでしたか?

細田佳央太:最初は、実はちょっと心配でした。原作のもじくんのイメージが先行していたので、台本を読んで自分が投影するとなったときに「自分にあのもじくんの雰囲気を出せるのかな……?」と、初めて読んだときは悩みました。

 

――悩みながらも、どうもじくんにアプローチしていったんですか?

細田佳央太:沖田監督が、撮影前にリハーサル期間を設けてくださったんです。そのとき、「セリフにもじくんらしさはちりばめているから、細田くんはそのまま自然体でやってくれたらいいよ」と言っていただけたので、そこでふっきれました。だから、もうもじくんらしさを出すよりも、自分でいいんだというか。本当にナチュラルに、ということを意識していきました。

 

――「自然体」は一見ホッとするワードなようで、難しい表現とも思うんですが、そこで悩んだりはしませんでしたか?

細田佳央太:はい、悩みました(苦笑)……! 実際インのとき、緊張していたのですごく力んでいたんです。カットがかかって、沖田監督から「今、力んじゃったからもう1回やろうか」と言われたときに、「あ、俺が力んだら、もじくんに出るんだ」と気づいて。それから、あまり考えないようにしました。「どうしよう!」とすごく意識してしまうから、硬くなっちゃうような気がしたんです。1回考えるのを全部やめて、やるようにしたんです。それまでリハーサルで積み上げてきたものとか、(美波との)ふたりの空気感みたいなものが、出すんじゃなくて「出たらいいな」という考え方に変わった感じでした。

 

――もじくんの言葉が非常に個性的で、間も独特でしたが、あのあたりは?

細田佳央太:もじ語という共通ワードがあるんですけど、言い慣れていないと不自然になってしまうので、普段から使ってなじませていました。とにかくしゃべって、親とのメールやメッセージでも使ったりしました。終わってみると、そういう言葉ひとつひとつが好きになるんです。「かなしきかな」みたいな独特な語尾は、私生活で今でもたまに言っちゃうくらい(笑)。自然と使いたくなるんだろうな、と思いました。

 

――演じてみて、細田さん自身との共通点はあったんでしょうか?

細田佳央太:自覚しているうえでは、なかったです。完成した映画を観て、僕自身「こういう友達がいたら、どれだけ自分が救われていただろう」と思ったので、すごいなと思っています。もじくんの誰でも受け入れるようなやわらかさ、温かさみたいなものが、精神的な柱になってくれるというか。誰でも持っているものでもないと思いますし、少なくとも、自分が出会ってきたなかで持っていた人はいないのかもしれないと思うので。もじくんの、みんなを受け入れる温かさ、やわらかさみたいなものに少なからず僕も影響されたと思います。だからか、人と話をして意見を聞くときは、否定から入るんじゃなくて、一旦聞こうという姿勢になったりもしました。

 

――上白石さん演じる美波とのやり取りが、みどころのひとつだと思います。相手役が上白石さんだからできたと思うシーンはありますか?

細田佳央太:全部です。朔田さんともじくんの関係性においては、萌歌ちゃんにすごく救われました。特に「雰囲気をこうするために、こうしよう」なんて話し合いはしていなくて、現場もリハーサルも普通に雑談をしていたんです。とりとめのない会話の中で、萌歌ちゃんから出るやわらかさとか、朔田さんから出る雰囲気みたいなものに、自然と引っ張られました。リハーサルから、その空気感にはずっとすごい救われていました。

 

――美波の実父・友充(豊川悦司)にお酒を勧められて、酔っぱらうところも素敵なシーンでした。

細田佳央太:はい(笑)。もちろんお酒を飲んだことがないので、あれが正しいのかは全然わからないんですけど(笑)。

 

――お酒を飲んだことがないのに、“ザ・酔っ払い”ができて本当にすごいと思いました。沖田監督もしくは豊川さんから演出があったんですか?

細田佳央太:いえ、独断と偏見の“ザ・酔っ払い”です(笑)。今までも、あんなに酔っ払った人を打ち上げとかでも見たことがなかったんです。だから「もじくんとか若い子が酔っ払ったら、こうなるんじゃないかな?」という予想でやりました(笑)。

 

――そのシーンのお相手、豊川さんは俳優の大先輩にあたりますが、ご一緒して受けた刺激などはありましたか?

細田佳央太:僕、実は豊川さんとがっつりは話していないんです。なので、印象しかないんですが、本当に存在感がすごく大きな方だな、と感じました。だから、あれだけ素敵な関係性でいられた美波が、ちょっと羨ましかったです。もっと自分もやってみたいな、と思いました。もっと豊川さんとお話もしたかったですし。

 

――お兄さん役の千葉雄大さんはいかがでしたか?

細田佳央太:千葉さんとは、初めてご一緒のシーンからいろいろお話はしました。控室でふたりきりで話したりもしたんです。「兄弟いるの?」とか「ポケモン好きだよねー」みたいな、そういう話でした(笑)。

 

――お互いに役の中で「こういう風にしようか」というお話は?

細田佳央太:していません。この作品でそういう話は、ほかのキャストの皆さんと一切していない気がします。沖田監督が作る映画は、もう……沖田監督の雰囲気が、もろに投影されているような感じがするんです。もしかしたら無意識のうちに沖田監督の雰囲気やエネルギーが、お芝居に影響していたのかもしれないです。

 

――本作の撮影は2年前と伺っています。この2年は俳優として、様々な吸収があったかと思うのですが、今の細田さんが見た2年前のご自身は、どう映りますか?

細田佳央太:そのときは100%で、いっぱいいっぱいでやっていたんですけど、改めて観ると、「今やったらもっと良くなるんじゃないか?」、「あのとき、もっとこうしていれば良かったんじゃないか」とは思います。役作りにおいても「ちゃんともじくんと自分は向き合えてたのかな?」と心残りはあります。

 

――そうですか、意外でした。

細田佳央太:本当ですか!? 「やりきれた!」みたいなのは、まったく感じなかったです(苦笑)。

 

――そんななかでも「あのときにしか出せなかったこのシーン!」と思うようなところもありませんか?

細田佳央太:ある、と思います。……でも、僕1回そういうマインドで観ちゃうと、ずーっとそれが頭に残って観ちゃうので、どうしてもフラットな見方ができなくなっちゃうんです。今はまだわからないですけど、20歳を超えて、30歳とか40歳とかになってみたら「あ、このときにしか出せなかったことあった!」と思うかもしれないですよね。

 

――30~40代になったとき、どんな俳優になっていたいという希望は抱いていますか?

細田佳央太:年齢別で「こういう俳優さんになりたい」というのは、あまりないんです。一貫して考えているのは、自分がその役をやったことで、その作品を観たお客さんが、ただ「面白かった」「感動した」だけでなく、そこから何がどう面白かったのかとか、何に感動したとか、みたいなことを自然と発信できるぐらい、影響力のあるお芝居ができたらいいな、と思っているんです。観てもらった人に、ちゃんと伝えたいんです。

 

――いまお話されたようなことを体現されている俳優さん、細田さんがこれまで接した中にいらっしゃいましたか?

細田佳央太:たくさんいらっしゃいます! ……今パッと一番最初に浮かんだのは、池松(壮亮)さんでした。

 

――『町田くんの世界』で共演していらした。

細田佳央太:はい。(鈴鹿)央士くんとも話していたんですけど、池松さんのインタビュー動画だったり、作品のメイキングとかを観ると、鳥肌が立つんです。1回では理解できないぐらい、内に秘めているものや考えているものを、大きなスクリーンでストレートに伝えてくださるので。本当に多くの役者さんがそうではあると思うんですけど、実際に一緒にお芝居をやらせてもらった中では、池松さんです。

 

――今日お話いただいた内容は『めるも』という趣味女子メディアで掲載されます。細田さんが今ハマっている趣味など、教えてください。

細田佳央太:好きなのは、ポケモンとバスケットボールです。ポケモンは4歳くらいから、ずっと好きなんです! 初めて触ったゲームがポケモンで、そのときからずっと好きで。バスケは小学校から中学までやっていました。高校からはやらなくなった分、観るようになって、さらに好きになりました。

 

――海外リーグ、NBAとかをご覧になるんですか?

細田佳央太:そうです! 試合をフルタイムで観られる環境ではないんですが、移動時間にハイライトを興奮しながら観ています。自分でもまだバスケをやりたい欲はありますし、友達と「やりたいね」という話は出るんですけど、いまはなかなか集まれなかったりするので。もし機会があるなら、本当にやりたいです。

 

――ポジションはどこでしたか?

細田佳央太:僕、シューティングガードでした。でも、ドリブルがめちゃくちゃできなかったんです(笑)。その分、シュート練習が好きで、ずっとやっていました。

 

――これから増やしたい趣味や、チャレンジしたい趣味はありますか?

細田佳央太:これまで広く浅くだったので、何かを深く学びたいと思っています。いまは、パソコンの編集技術とかを知りたいです。あとはキャンプとか釣り、アウトドアのテクニックみたいなことにも興味があります。

 

――パソコンの編集技術というと、映像系ですよね?

細田佳央太:そうです、そうです。もちろん役者もやりたいんですけど、監督とか撮影とか照明とか編集とかも、ずっとやりたくて興味があるんです。編集技術だったり、美術スタッフさんがやっていることを勉強したいですし、知りたいです。

 

――いま、俳優が監督をしたりと垣根がなくなっていますよね。機会があれば、どんどんチャレンジしたい気持ちはあると?

細田佳央太:あります! すごくやってみたいです。

 

――自分が一発目に撮るなら、どんな作品がいいとか、夢はありますか?

細田佳央太:ああ……! 静かな世界観が好きなんです。それこそ、『子供はわかってあげない』みたいな作品、すごく好きで。大きなハプニングが何度も何度も起こるとかじゃなくて、自然と気付いたらその世界観に引き込まれて、みたいな作品を撮ってみたいです。沖田監督の『キツツキと雨』とかも、すごく好きなので。

 

――たくさんお話いただいて、ありがとうございました。最後に作品名『子供はわかってあげない』というタイトルにかけて、『“細田”はわかってあげない』と、細田さんが「これだけはどうしても理解できない、わからない!」ということ、何でもいいので教えていただけますか?

細田佳央太:『“細田”はわかってあげない』かあ(笑)!……本当に、本当にしょうもないことなんですけど、「“99.9”(という表示)、って多くね?」と思っています(笑)。本当にひねくれていて申し訳ないんですけど、「99.9%の合格率、99.9%の除菌」……ほんとに?って。いや、本当だと思うんですけど、それだったら100%でいいんじゃないかなと思ったりしました。すごく個人的な『わかってあげない』ことです(笑)。

取材・文:赤山恭子、写真:映美/スタイリスト:岡本健太郎、ヘアメイク:菅野綾香(ENISHI)

 

 

映画『子供はわかってあげない』は、2021年8月13日(金)よりテアトル新宿にて先行公開。8月20日(金)全国ロードショー。

キャスト:上白石萌歌、細田佳央太、千葉雄大、古舘寛治/斉藤由貴/豊川悦司 ほか
監督:沖田修一
公式サイト:agenai-movie.jp
(C)2020『子供はわかってあげない』製作委員会(C)田島列島/講談社

WRITER

  • 赤山恭子
  •        

  • エンタメ雑誌編集部に勤務後、ハリウッド映画の版権を買い付け日本国内で販売するディストリビューターを経て、フリーの映画/エンタメライターに。現在は、監督・俳優のインタビューを中心に、現場取材、映画紹介コーナーほかも担当。相手の心に寄り添い、時に突っ込みながら深めてゆくインタビューが持ち味。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ