杉野遥亮、ヤンキー役で『恋です!』出演!杉咲花“白杖ガール”と運命の恋

テレビドガッチ

杉咲花が主演を務める10月スタート水曜ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)。主演の杉咲に続き、喧嘩っ早いけれど根は純粋なヤンキー君・黒川森生(くろかわ・もりお)役で、杉野遥亮が出演する。

同ドラマは、勝ち気だが恋には臆病な盲学校の女の子と、喧嘩上等だけど根は純粋なヤンキー、ある日出会ってしまった運命の2人による笑って泣けて時々ハッとする、新世代ラブコメディ。光と色がぼんやりわかる程度の弱視の盲学校生・赤座ユキコ(杉咲)と、喧嘩っ早いが純粋な不良少年の黒川森生。運命の出会いをした2人はお互いの事を理解し、惹かれ合っていく……!

杉野が演じるヤンキーの森生は、顔に喧嘩でつけた傷を持ち、地元では名前を出しただけで誰もが恐れるような存在。短気な性格だが根は純粋で、ひょんなことから主人公である盲学校生・ユキコと出会い、あっという間に恋に落ちることとなる。

森生を演じるにあたり、特殊メイクで顔に傷を施した杉野。役どころや杉咲の印象などについてコメントが到着した。

<杉野 遥亮 コメント>
――原作を読んでの感想は?

2人が出会い、「普通って何だろう?」と模索しながら成長していく過程や、周りの人たちとのつながり、心の成長というものが、胸にダイレクトに響く形で描かれているのがとても魅力的だなと感じました。

――森生は、どういうキャラクターだと思いますか? ご自身との共通点や共感できる部分などはありますか?

真っ直ぐでピュアな人ですね。これから撮影していく中で作り上げていく部分も多いと思いますが、とても愛がある人だなと思います。自分との共通点は……僕もピュアな面を持っていると思っているんですけど、どうでしょうか(笑)。

――今回、特殊メイクで顔の傷を施すなどの役作りをされましたが、どんな思いがありますか?

原作にもあるこの傷が森生のキャラクターとしてとても大事なポイントだと考えています。森生のバックボーンとして重要なので、演じる上でも大切にしたいです。

――ヤンキー役を演じるのは初めてですか? 演じるのは難しいですか?

はい、初めてです! ただ、「ヤンキー」ということよりも、特にユキコさんと一緒にいる時は、ピュアで真っ直ぐで、それが人の心を打つ人なので、そういった部分を大切に演じたいと思います。

――主人公・赤座ユキコに関して、また、ユキコを演じる杉咲花さんについてはどういう印象がありますか?

ユキコと森生はすごく似ているなって感じます。人間誰しも自分が世の中と比べて普通とは違うのかなと感じることもあると思うのですが、そういう自分にとってコンプレックスになるような部分も含めて、一生懸命生きているところが愛しいなと思います。

杉咲花さんとご一緒するのは今回が初めてになりますが、ふわふわしたイメージがあります。コットンキャンディとかじゃなくてメレンゲに近い、ふわふわした感じ(笑)。でも、すごく芯があって、周りを笑顔にしてくれる方なのかなと思ったりもしています。演技という面では、いろいろな作品を拝見させていただいているので、これから一緒に作品を作れることを楽しみにしています。

――タイトル『恋です!』に絡めて、杉野さんご自身をひと言で表すと、「〇〇〇です!」には何が入りますか?

片付けにハマっているので、「片付け魔です!」。片付けすぎて靴下を全部捨ててしまって、次の日、現場に履いていく靴下が無くて、慌てて買いに行きました(笑)。

――最後に視聴者の皆様にメッセージをお願い致します。

人と人との温かさ、繋がりに胸を打たれる作品だなと思います。見てくださった皆さんが少しでも良い一日を過ごせるような作品にできるよう、頑張りますので楽しみにしていてください!

<日本テレビ 情報・制作局 プロデューサー 森雅弘 コメント>
原作の「黒川森生」というストレートでピュアなキャラクターに出会った時、直ぐに思い浮かんだのが杉野さんでした。2016年放送の『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』で初めて御一緒した時、その純粋さ・真っ直ぐさで周りのスタッフ・キャストをも夢中にさせた彼が、新鮮なヤンキー役で本領を発揮する姿が見られる日が来るのを楽しみにしています!

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ