二郎系+高井田系・大阪ブラック! 196時間かけて作った特製たまり醤油がポイントの二郎系ラーメンが通販で登場!

ガジェット通信



お店のラーメンをそのまま冷凍して販売している“通販ラーメン”。コロナ禍で外食が厳しくなって以来、大ブームとなっているが、その中でも一番人気なのが“二郎系ラーメン”だ。お店で食べるにはハードルが高いという人も多く、ジロリアン(二郎ファン)だけでなく一般の方の購入も増えてきているという。

関西の人気店を中心にそろえた通販ラーメンサイト「menjoy」では、“二郎系ラーメン”だけを集めた「マシマシフェス2021」を開催している。今回はこのマシマシフェス2021に出店しているラーメンを一つご紹介したい。



大阪にある行列店“らーめんstyle JUNK STORY”だ。JUNK STORYの繰り出す二郎系ラーメンは「たまり醤油仕立ての味付背脂豚そば」

二郎系といえば濃厚な豚骨スープに濃いめの醤油ダレが特徴だが、このラーメンは“たまり醤油”をメインで押し出している。なんと、このたまり醤油ダレ、196時間以上かけて作り上げる芳醇な香りとコクを生かしたもの。

豚・鶏のスープよりもこのタレが前面に押し出された、醤油が主役の一杯になっている。大阪で有名な高井田系ラーメン大阪ブラックラーメンの醤油感を二郎系に上手く落とし込んだ、アイデア溢れる一杯だ。



ここに合わせる麺は焙煎小麦胚芽入りの極太の自家製麺で、なんと麺量は400g

柔らかい豚バラチャーシューも豪華に2枚乗り、茹でモヤシとキャベツを加えてワシワシと食べたら、これはもう最高だ。



マシマシフェス2021のラインナップを見ていると、二郎系もただ“ラーメン二郎”にインスパイアされたものだけではなく、独自の色やアイデアを生かした商品が増えてきて、かなり面白い展開になってきている。

ぜひ、お好みの一杯を見つけてみていただきたい。

マシマシフェス2021(menjoy)

(執筆者: 井手隊長)

当記事はガジェット通信の提供記事です。