尼神インター誠子、“禰豆子コスプレ”がまさかの仕上がりに「切ないDEATH」


8月8日(日)、尼神インター・誠子がTwitterを更新。漫画『鬼滅の刃』の禰豆子のコスプレに挑戦するはずが、まさかの仕上がりだったようで……?

“ドッキリ”でまさかのコスプレ


出典: @seiko1204

今回誠子は、漫画『DEATH NOTE』に登場するリュークのコスプレを投稿しました。

写真には、逆立った髪の毛に白塗りの特殊メイク、そして全身黒の衣装に身を包んだ誠子の姿が写し出されています。

まさにリュークそのものと言える完成度の高さですが、誠子いわく「禰󠄀豆子のコスプレするって聞いてたけどリュークだった」とのこと。「しかもドッキリだった」そうで、これに「切ないDEATH」と、『DEATH NOTE』のタイトルにちなんで胸中を打ち明けました。

ファンからは「とても似合ってたけど、直ぐに誠子さんって分かりました」「リュークの誠子ちゃん格好よかったですよ!」とそのクオリティを絶賛するコメントが。さらに「今度は禰豆子をお願いいたします」「禰󠄀豆子コス見たかった」と、禰豆子のコスプレを期待する声も集まりました。

“公開プロポーズ”踏み切った経緯は?


そんな誠子は、8月4日(木)に開催されたイベントで、インポッシブル・えいじに公開プロポーズを実施。終演後にラフマガが行なったインタビューでは、その経緯を明かしました。

はじめはプライベートでプロポーズをしようと思っていたという誠子。しかしお互いまだ知らない間柄ということもあったため、気持ちが最も伝わる方法を考えた結果、イベントでの公開プロポーズに辿り着いたのだそう。

プロポーズは残念な結果となりましたが、「やっぱりガマンしていたので、今日以降、“好き”って言えることが嬉しいです」と、気持ちをようやくオープンにできる喜びを吐露しました。

今回はリュークに変身した誠子に、大きな反響が寄せられた投稿でした。

当記事はラフ&ピースニュースマガジンの提供記事です。