絶対王者・藤井菜央に勝つのは誰だ!? 真夏のガチ歌祭りが開幕! 吉本坂46歌ウマ王決定戦


連日名勝負が繰り広げられた東京オリンピックが終わりました。
それに負けず劣らずの熱い戦いがよしもと有楽町シアターでも繰り広げられていました。
こんにちは。芸人ライターのビスケッティ・岩橋です。いつも相方の佐竹が吉本坂46のメンバーとしてお世話になっています。

今回は8月6日(金)に開催された、エハラマサヒロ&藤井菜央ダブルプロデュース公演『真夏のガチ歌祭り』第一夜「吉本坂46歌ウマ王決定戦~打倒・吉本坂46の歌姫 藤井菜央~」をレポートします!

この公演のテーマはズバリ「歌」!!
歌に自信のある精鋭メンバーを集め、3週に渡り毎週違ったスペシャルプログラムが楽しめるというもの。

開演となり幕が開くとエハラ、藤井が登場。藤井が今回の公演の説明を終えると「言えたー!!」と飛び跳ねて喜んでいました。
聞くところによると、なんとMC初挑戦とのこと。最初の説明がきちんとできて嬉しいと喜びを爆発させていました。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

今回は第一興商さんの「LIVE DAM Ai」の精密採点Aiで勝負します。が、それだけでは藤井には勝てないとのことで、審査員によるパフォーマンス審査があります。各5点ずつの計15点。合計115点満点で競います。優勝者には賞金3万円が贈られます。

審査員はHideboH、旺季志ずか、ケン(水玉れっぷう隊)の3名が担当。HideboHが「派手な格好で来てくださいと言われたのでこの為に購入した」という煌びやかなジャケットで登場したのですが、他の2名は普段着のまま。ケンは慌てて百均で金色のモールを買って首に巻いたそうです。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

歌ウマメンバーによるガチンコ勝負が開幕!



出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

1組目は小寺真理が登場。
懐かしのボディコンスタイルで森高千里の『私がオバさんになっても』を熱唱。会場からは手拍子が巻き起こる盛り上がりを見せました。
歌唱点数は84.697となるが審査員表は14点と高評価。唯一4点を付けたHideboHは「僕にサービスが少なかったから」という理由でしたがトップバッターとしては合計98.697と高得点。


出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

2組目はトット・多田が登場。
「ひとつ前の小寺があの格好でケツ振ってるのを袖で見て震えていた」とのこと。曲はコブクロで『Million Films』。エハラ曰く、リハを見る限りでは優勝候補と言われていました。
歌唱得点は92.506と高得点! 審査員票を含め104.006となり1位に。多田もこれには「今の所3に近いですよね」と賞金3万円のチャンスに期待していました。


出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

3組目は銀シャリ・鰻がギターを抱えて登場。
「歌に自信がないのでパフォーマンスに力を入れている」とのこと。なので特別に審査員の上限5点を取っ払って欲しいと異例のお願いが。鰻だけ特別ルールがOKとなりました。曲はヤドカリ『博多の人』。

歌唱得点は86.410。だが特別ルール審査員票上限突破がある為期待するがそれぞれ4点、8.8点、3点となりました。8.8点を付けた旺季は「ギターを弾いていないのに照れ臭そうにしているのが良かった」という理由でした。ですが味わい深い歌声に会場からは大きな拍手が起こりました。合計97.410で3位に。


出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

4組目は光永。
「曲に合うようにこの服装で来ました!」といつも通り元気いっぱいで登場しました。曲はアニメONE PIECEの主題歌、きただにひろし『ウィーアー!』。前奏では前口上も完璧にこなし舞台上を駆け回りながら歌っていました。
歌唱得点は91.782。審査員票が14.3点。合計106.082となり見事1位に! 多田の方が歌唱得点は高かったのですが、パフォーマンス点により逆転となりました。


出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

5組目は榊原徹士。曲はDa-iCE『CITRUS』
キーも高く難易度の高い楽曲を熱唱。エハラも「原曲キーでよく歌えるな」と絶賛していました。ですが、やはり難易度の高い曲。歌唱点数は89.141、審査員票と合わせて103.941となり3位となりました。


出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

6組目はおばたのお兄さんが登場。
ミュージカルの経験もありテレビの歌番組でも歌ウマ芸人としてランクインする実力派。曲はOfficial髭男dism『115万キロのフィルム』歌唱得点は89.771、審査員票合わせて102.071で4位となりました。
審査員のケンは「こっち(審査員席)見たとき気持ち悪かったから3点です」とコメントしていました。


出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

7組目は藤森蓮華。
ミュージカル出演経験が多数ある藤森は「3万円勝ち取るために有楽町に来ました!」と優勝宣言。曲はプリンセスプリンセス『M』。圧巻の歌唱力で会場を唸らせました。
歌唱点数は91.549。審査員票は5点、4点、5点の計14点となりました。

唯一4点を付けた旺季さんは「この曲で媚びたらあかんと思って4点にしました」と、間奏で藤森が審査員にディナーショー形式で握手に回ったことが裏目に出てしまったとのこと。合計点は105.549と2位。「媚びなければ1位だった……!」と項垂れていました。


出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

8組目は極楽とんぼ・山本が登場。
コロナ禍でお客様の前で舞台に立つのは2年ぶりとのこと。久しぶりで緊張していると話す山本。曲は田原俊彦で『チャールストンにはまだ早い』。さすがエンターテイナー、ショーパブ出身の山本。
キレのあるダンスとマイクパフォーマンスで会場の盛り上がりが大爆発しました。歌唱得点は79.358となりましたが、審査員票は初の満点! 素晴らしいパフォーマンスを見せつけ、最後はマイクを床に置き“山口百恵スタイル”で舞台を去りました。


出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

そしていよいよ藤井菜央の登場です。
今までの参加者のレベルが高すぎて緊張が止まらないとのこと。選んだ曲は徳永英明『レイニーブルー』。さすが絶対王者。圧巻の歌唱力で貫禄すら感じました。

歌い終わり結果発表……の前にNEXT CHAOとなります。

今回は歌に特化したNEXT CHAO



出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

週替わりキャストにて披露されるNEXT CHAO。吉本坂のメンバーによるユニットでパフォーマンスを披露するというもの。

今回はハラちゃん(東京シャンデリア)と、りぴーと(ときヲりぴーと)による『ハラりぴ』が担当します。

ふたりはwacciの『別の人の彼女になったよ』を歌唱。モニターには自作のMVが流れます。ふたりとも歌唱力が高く、流れるMVと共に会場を魅了していました。今回の自作MVはハラちゃんが担当。吉本坂のメンバーの大迫マミを起用しデート風景を歌にリンクさせて作成しています。

「作成してたら感情移入して好きになっちゃいました」と言っていました。その気持ちが痛いくらい伝わる素晴らしいMVと歌唱でした。エハラも「次回歌ウマ選手権に出てもらいたい」と太鼓判を押していました。

結果発表! 優勝は誰の手に!?



出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

そして結果発表。
舞台には審査員と現在1位の光永、そしてなぜか下位の鰻、山本のおふたり。
現在1位は光永の106.082。審査員票が先に発表されます。

結果は14.9点とほぼ満点!
この時点で歌唱得点が91.183以上出れば藤井の優勝。それ以下だと光永の優勝となります。結果は、歌唱得点91.705、合計106.605で藤井菜央の優勝!

点差はなんと0.523という大接戦でした。光永は袖で藤井の歌を聴いていて「流石に勝てない。素晴らしくて泣きそうになった」とコメントしていました。見事優勝した藤井には賞金3万円が授与されます。

藤井は「今日までプレッシャーでしたが優勝できて良かった」とコメント。見事絶対王者として優勝を決めました。

エハラマサヒロ、藤井菜央にインタビュー!


今回のプロデュース公演について、終演後のエハラマサヒロ、藤井菜央のふたりにインタビューしました。

──お疲れ様でした。素晴らしかったです。

エハラ いやぁ見ててめちゃくちゃ楽しかった。

──今回のキャスティングはおふたりで決めたのですか?

藤井 私、何も決めてないです……(笑)

エハラ 今回は僕が「この人いいんじゃないかな?」という人たちを決めて出てもらいました。

──その中で見事藤井さんが優勝を決めました。

藤井 ありがとうございます。良かったです……。

エハラ しかもちょうどいい点差で! そこの盛り上げも含めてさすがだった(笑)。

──今回『絶対王者』という触れ込みで出てきたのですが、緊張は強かったですか?

藤井 すごい怖かったです。今まで絶対王者なんて言われる事なんてなくて。参戦というか『挑戦者』として出ることがほとんどだったので。でもその立場にいるということは絶対に抜かれたくないじゃないですか? 賞金とかはどうでも良くて、『称号』を取られたくないという気持ちでした。

エハラ 今回初めてMCもやるからそれに対しての緊張もあったと思うからより厳しかったのかもね。

藤井 でも、エハラさんがご一緒でめちゃくちゃ心強かったです!

──今回エハラさんはMCでしたが、もし出場していたらどの曲を歌っていましたか?

エハラ そうやなぁ……。森山直太朗の『夏の終わり』かな。

藤井 いいですね!

エハラ サビの高音のところでガッと引き付けて、少しモノマネも入れながらパフォーマンス点も取るみたいな作戦で行ってたかも。

藤井 良かったです、エハラさんが出てなくて……。

エハラ いや! 次は出るよ!  参戦する!

──今回のエハラさん的MVPは誰ですか?

エハラ 全員勿論素晴らしかったんだけど、藤森蓮華ちゃんは別格だなと。あとみんながびっくりしたんじゃないかな?という意味で言うとトットの多田。

藤井 多田さん! 上手かった!

エハラ カラオケの精密採点の点数だけだと実は多田が1位なんですよ。(多田さんは92.506を記録) それはみんなびっくりしたんじゃないかな。だから吉本坂の中でも器用でいろんなことできる人がまだたくさんいるから、それを知ってもらえたら嬉しいかな。

──2週目と3週目はまた違う内容ですね。

エハラ 2週目は『バンド』で生演奏。しっかりスタジオに入って練習してる。

藤井 それでボーカルをやるのが私と光永さんなんです。

エハラ そうやねん。今回の歌ウマの1位と2位がやります。そして3週目は僕と河本さん(次長課長)のMJってユニットを中心に、他にもたくさんのユニットが出てもらうって感じで。面白いユニットを発掘してもらう『ユニット祭り』みたいな感じやな。

──どちらも楽しみです!

エハラ 最後まで楽しいイベントにしたいと思います!

ということで真夏のガチ歌祭りの第一夜が終了。残りの公演もかなり気合が入っているそうなのでお見逃しなく!

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

当記事はラフ&ピースニュースマガジンの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ