チコちゃんが「ぶどうの周りにつく白い粉」の正体に迫る 新鮮で完熟した証だった

しらべぇ




13日に放送された『チコちゃんに叱られる!!』(NHK)で扱われたテーマのひとつ、「ぶどうの皮につく白い粉ってなに?」が注目を集めている。

■粉の正体は「ブルーム」


果物屋やスーパーで売られているぶどうには白い粉がついていることが多々ある。「農薬」と勘違いするケースも多いが、チコちゃんによるとこれは「ろう」であるのだという。

ぶどうにつく白い粉の正体は「ブルーム」と呼ばれるぶどう自体から作られる天然のろう物質。ろうとは、脂肪酸やアルコールなどでできているロウソクのろう。紙や布に塗ると水をはじく性質があるのだが、これと同じことがぶどうの皮に起こっている。

■水を弾く役割を持つ


水をはじく際にポイントとなるのがクチクラという膜。ぶどうの表面を拡大して観察すると皮のさらに外側には、私たちの目には見えないクチクラと呼ばれる膜が存在している。

クチクラは、多くの植物の葉や茎、実に存在していて、水分の蒸発を防いだり、雨などを弾いて病気を予防する機能を持つ。

そして、このクチクラは、主にクチンという物質とろうで構成されている。ぶどうの実が大きくなるにつれて徐々にろう物質が増えていき、溢れたろうが外に押し出される形でブルームとなる。

■ブルームは新鮮な証


番組では、ブルームありのぶどうとブルームなしのぶどうを経過観察。1週間経つ頃には、ブルームなしの方がシワシワンに劣化してしまっていた。新鮮で完熟したぶどうほど、ブルームが多い。

ブルームがついているかどうかで市場価値も変動されるため、ぶどう農家ではブルームをできるだけ落とさないように注意しながら収穫・出荷を行うのだという。ちなみに自然にできたブルームは口に入れても無害である。

■ぶどう以外にもブルームがつく食べ物は…


ほかにもブロッコリーなどがブルームのわかりやすい植物。

また、きゅうりもブルームがわかりやすい植物なのだが、かつて白い粉がついたままのきゅうりを「農薬が残っている」と勘違いする消費者が多かったことから、今ではブルームが付きづらいブルームレスきゅうりが市場に出回ることとなった。

新鮮さを見分けるひとつともなるブルーム。早速果物屋やスーパーなどで実践したい知識だ。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ