『鹿の王』初出し本編シーンをmiletの主題歌が彩る スペシャルコラボ映像解禁

クランクイン!

 9月10日に公開される映画『鹿の王 ユナと約束の旅』より、未解禁本編をイントロからサビまで収録したmiletの主題歌「One Reason」で編集したコラボPVが解禁された。

2015年の本屋大賞を受賞し、シリーズ累計230万部を突破する上橋菜穂子の同名小説をアニメーションで描く本作は、映像化不可能と言われた圧倒的スケールの物語をアニメ界のトップクリエイターたちが集結して映画化。日本映画界を代表するアニメーター・安藤雅司の初監督作品に、海外からも注目が集まっている。

キャストとして、物語の主人公・戦士ヴァン役で声優初挑戦の堤真一、もう1人の主人公・天才医師ホッサル役で竹内涼真、ヴァンを追う女戦士サエ役で杏が出演する。制作はProduction I.G。

主題歌を担当するのは、独特の歌声と音楽性で若者を中心に多くのファンを魅了するmilet。プロデュースにロックバンド「ONE OK ROCK」のToruも加わり、本作のために書き下ろした楽曲「One Reason」が、作品世界をはかなくも力強く彩る。

かつて東乎瑠(ツオル)帝国からも恐れられていた戦士団<独角>。その頭であったヴァンは戦いに敗れて岩塩鉱に囚われていた。ある日、山犬の襲撃に乗じて脱獄に成功するが、その最中で自分と同じように家族を亡くした少女ユナと出会い、ヴァンは徐々に生きる目的を取り戻していく。

一方、謎の病<黒狼熱(ミッツァル)>がツオル帝国で猛威をふるいつつある中、ツオル支配下のアカファ王国では、ウイルスを体内に宿す山犬たちを利用して水面下で反乱が計画されていた。抗体を持つことで陰謀に巻き込まれるヴァンとユナだったが、ついにはユナが山犬たちに連れ去れてしまう。ヴァンはユナを追う途中で、ミッツァルの治療法を探す天才医師ホッサルと、それを阻止すべくアカファ王国から送り込まれた跡追い狩人サエと出会い、それぞれの思惑を抱えながらもユナを助ける旅に出る。

解禁されたコラボPVは、本作のタイトルでもある「鹿の王」に込められた意味が語られる場面から始まる。飛鹿(ピュイカ)にまたがり駆けていくヴァンの姿など、未解禁の本編がふんだんに使用され、イントロからサビまでの1コーラスが初解禁された「One Reason」にのせて編集されている特別な映像となっている。

映画『鹿の王 ユナと約束の旅』は9月10日全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ