『あの夏のルカ』未公開シーンのボーナス・コンテンツを一部公開!

ウォルト・ディズニー・ジャパンは、『トイ・ストーリー』、『リメンバー・ミー』のディズニー&ピクサーが贈る感動のファンタジー・アドベンチャーで、ディズニープラスで大ヒットの『あの夏のルカ』を2021年9月1日(水)にMovieNEXと4K UHD MovieNEXで発売。これを記念して、未公開シーンのボーナス・コンテンツが一部解禁となった。

本作は<海の世界>と<人間の世界>、互いに恐れ合っている2つの世界が舞台。
監督は、『メリダとおそろしの森』と同時上映された短編『月と少年』で、アカデミー賞(R)短編アニメーション賞にノミネートされたエンリコ・カサローザが務め、今作で長編デビューを果たした。
カサローザ監督は日本のアニメーションにも造詣が深く、スタジオジブリの大ファンとしても知られており、宮崎駿監督が『崖の上のポニョ』の絵コンテを水彩画で描いたことを知り、『月と少年』の絵コンテを水彩画で制作している。
さらに今作では、ピクサーの象徴ともいえる3Dアニメーションに、敢えて2Dのあたたかな要素を入れ込み、自身の故郷でもあるイタリアの港町をモチーフにしながら、パーソナルな物語を加味した素晴らしいファンタジー映画を創り上げている。

また、日本版エンドソングは、日本の夏を代表する井上陽水の名曲『少年時代』を、今回のためだけにアレンジした『少年時代(あの夏のルカVer.)』として、いま若者から圧倒的支持を得ている男女2人組みのロックバンド、ヨルシカのボーカルsuisが歌い、物語を彩る美しい声とメロディが大きな注目を集めている。

今回、9月1日(水)のMovieNEX発売を記念し解禁されたのは、人間の町 ”ポルトロッソ” にルカとアルベルトが向かう、海中でのシーンを制作する様子に密着したボーナス・コンテンツの一部。

このシーンは当初、2人が希望と興奮を胸に海に向かい、飛び込んで泳ぐ様子を描き、いくら泳いでも到着しないというコメディ調のシーンだったとのこと。
しかし、このシーンを2人が絆を深めるシーンにしたかった制作陣は、内容を一変。シー・モンスターと人間の姿に自由に行き交う、ルカ達にしか表現できない喜びや感動を表現したシーンに変更したのだ。
結果として、この映画の魅力をすべて詰め込んで45秒に凝縮したような素晴らしい映像になった、と制作陣は語っている。

さらに、MovieNEX(デジタル配信(購入)にも一部収録)のボーナス・コンテンツでは、ルカの内面的な成長を表現するためのカメラワークなどのこだわりも感じる、魅力的な映像を楽しむことができる。

ディズニー&ピクサーが贈る感動のファンタジー・アドベンチャーで、ディズニープラスで大ヒットの『あの夏のルカ』は、9月1日(水)にMovieNEXと4K UHD MovieNEXで発売! 本編と合わせて、豪華ボーナスコンテンツも楽しもう♪

>>>『あの夏のルカ』場面カットやジャケット写真を見る(写真10点)

『あの夏のルカ』
デジタル配信開始/9月1日(水)MovieNEX発売
(C)2021 Disney/Pixar.
発売/ウォルト・ディズニー・ジャパン

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ