母は強し! メジャーリーグサッカーの試合に乱入した2歳息子をスライディングで捕まえる(米)<動画あり>

2~3歳の幼児は自分で歩き回れるようになり、好奇心の赴くままに行動へ移していく。その結果、親がほんの数分目を離しただけで、とんでもない事態を引き起こすこともある。そんな親の苦労が垣間見える映像がアメリカより届いた。プロサッカー試合の中継映像に、トコトコと走る2歳男児の姿が映り込んだのだ。これに気づいた母親は大慌てで息子のもとへ駆け寄り、見事なスライディングを披露した。この母親の姿には「この状況は良く分かる」と多くの母親から共感の声が届いていると、『Good Morning America』などが伝えた。

米オハイオ州モスクワ在住のモーガン・タッカーさん(Morgan Tucker)は今月7日夜、2歳の息子ザイデック・カーペンター君(Zaydek Carpenter)と同州シンシナティにあるTQLスタジアムを訪れていた。

この日、同スタジアムではFCシンシナティ対オーランド・シティSCのメジャーリーグサッカーの試合が行われており、2歳のザイデック君にとって初めてのサッカー観戦となった。

モーガンさんは職場の雇用主のゲストとしてスタジアムを訪れており、観客席の最前列に座って観戦していたという。

そして試合開始から約70分が経過した頃、ザイデック君がモーガンさんの目を盗み、試合真っ最中のピッチへ駆け出してしまったのだ。

モーガンさんは「ザイデックから目を離したのは、本当にたった1秒でした。気づいた時にはザイデックがフェンスの下をくぐっていて、『大変だ』と思いましたね」と血の気が引いた当時の様子を振り返った。

「急いで息子を連れ戻さなければ!」と思うと同時に、モーガンさんはフェンスを飛び越え一心不乱に息子の後を追いかけた。その様子は試合の中継映像に残されており、ボールを追って画面右側へと走る選手たちを追いかけるかのように左下からザイデック君が現れ、トコトコとあどけなく走る姿が映っていた。

その直後、モーガンさん自身が選手の一人かと見紛うほどの猛烈な勢いでザイデック君を追いかけるシーンも捉えられており、ザイデック君に追い付くと豪快なスライディングを披露しながら何とか捕まえることができた。心配した審判やスタッフが近寄る様子も映っているが、モーガンさんは走って観客席に戻っており、大きなケガは無かったという。

モーガンさんは「スライディングしてザイデックにタックルをした時は痛みを感じませんでしたが、翌日になって痛みが出てきました。サッカーボールがザイデックにぶつかってしまうのではないかと思い、本当に怖かったです」と心境を明かしている。

全力で息子を捕まえ、母親の責務を全うしたモーガンさんは「観客席に戻っている途中に歓声が聞こえましたが、それが試合のための応援ではなく私たちへ向けられたものだと分かり、私の顔はトマトみたいに真っ赤になってしまいました」と明かす。

息を切らせて観客席に戻ってきたモーガンさんが「何してたのよ!」とザイデック君に尋ねると、楽しそうな笑顔で「ママ、サッカーボールだよ!」と答えたそうだ。

「ザイデックはサッカーの試合に夢中になっていて、試合の展開で自分の座席から選手たちが遠のいてしまうと不機嫌になっていました。選手たちの近くにいたかったから、追いかけただけみたいです。ザイデックはただ笑っていて、自分が何をしてしまったのか分かっていないようでしたね。」

この映像を見た人からは「この試合見ていたけど、これは最高のシーンだったよ」「素晴らしいタックルだ」「お母さんにはレッドカードが出るはずだから、次はこの子のコーナーキックだね」という声や、「ほんの一瞬目を離すだけでこうなってしまうのは、本当によく分かる」「幼児って地球上で一番速い人類だと思う」「うちの3歳の子も全く同じだから、この状況はとても共感できる」「こうなるから子ども用のハーネスって必要だよね」など共感のコメントも多数届いている。

ちなみにザイデック君がピッチに入ってしまったのは一瞬の出来事だったので、この影響で試合が中断することはなかったという。さらには試合終了後、使用していたボールをプレゼントしてもらったそうだ。

モーガンさんは「ザイデックは本当に活発な子で、生後7か月の時に歩き始め、今ではサッカーが大好きです。今度はプロサッカーの試合中ではない時に、サッカーをしてほしいですね」とコメントした。



画像は『Good Morning America 2021年8月9日付「Mom sprints to tackle toddler who ran onto field during Major League Soccer game」(Morgan Tucker)(Sam Greene/The Enquirer via USA TODAY Network)』『emily 2021年8月8日付TikTok「Oh no」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 iruy)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ