石井竜也『 本日の日本 』人気連載10年分の内容を再構成+最新インタビュー発売!

Rooftop


main.jpg

ぴあ株式会社より、 石井竜也著『本日の日本』 の発売が、 9月17日(金)に決定。

コロナ禍で延期となった全国ツアーが待たれる米米CLUBのフロントマン、 石井竜也が毎週メールマガジンという形で日々思うことから芸術論まで多彩な話題を語りまくる「週刊石井竜也」 (現在も、 TOKYO FMのスマホ音楽サイト「MUSIC VILLAGE」で好評配信中)。 本書は、 その2011年からの10年間の内容を再構成し、 エッセンスを凝縮した1冊。

2011年は、 言うまでもなく東日本大震災に見舞われた年だが、 本書はまさにあの非常事態に直面した石井が居ても立ってもいられずにチャリティーライブの敢行を決意するところから始まる。 そこからの10年の間には日本各地が地震や洪水などの災害に見舞われ、 SNSなどの急速な広がりによって社会全体がこれまで経験したことがないような息苦しさを感じるように。 そのなかで石井は、 ある時はそうした社会の緊張を自分ごととして考え、 悩み、 またある時には関係ないよと笑い飛ばしながら、 彼だけの表現を追求し、 駆け抜けてきた。

石井にとってのこの10年 は、 52歳から62歳という、 表現者としても、 また一人の男性としても円熟期に入っていく時期であり、 この本はそうした時期の彼の気持ちの変化と深まりをありありと伝えている。 この日本という国で悪戦苦闘を続ける一人のアーティストの本音と理想が、 この国でこれから豊かに、 したたかに生きていくための心構えをも示唆してくれる1冊だ。

『本日の日本』コンテンツ
第1章 だいぶ昔

○月×日 俺もまだ確信があるわけじゃないけど、 何もやらなかったら、 それはホントにゼロですから。

○月×日 震災から2ヵ月経ちました。

○月×日 「つよくいきよう」という曲を作りました。

○月×日 ラジオの企画で石巻の被災現場に行くことになりました。

○月×日 「1万人の歌プロジェクト」が広がってます。

○月×日 被災現場で実際に見たこと、 感じたこと

ほか

第2章 昔

○月×日 2013年の「あけましておめでとうございます」

○月×日 米米CLUBニュー・シングル「TAKARABUNE」はアリーナツアーのイントロダクション

○月×日 俺の精神的な逃げ場は顔魂つくりです。

○月×日 いろんなタイプの人間が入れるマス目がいっぱいあるような社会構造を持った国であるべきなんじゃないかな

ほか

第3章 ちょい昔

○月×日 2015年の「あけましておめでとうございます」

○月×日 今年はデビュー30周年のアニバーサリー・イヤー

○月×日 今年もやります、 ART NUDE。 サブタイトルは“古-INISHIE-”です。

○月×日 30周年のアニバーサリー企画第一弾は、 俺自身も楽しみな2タイトルの同時リリース

○月×日 4年目の3.11

ほか

第4章 最近

○月×日 2017年の「あけましておめでとうございます」

○月×日 ニューミュージックの名曲をカバーするツアーをやります。

○月×日 自分の生活を豊かにするにはこういう方法もあります。

○月×日 米米CLUBの新曲は大人をちょっと皮肉ってる歌なんです。

○月×日 ツアー“ISHYST“の聴きどころの一つは“女歌”です。

○月×日 ビルボード・ライブで“LIKE A JAZZ“と題してお送りします。

ほか

第5章 本日

○月×日 2019年の「あけましておめでとうございます」

○月×日 正月返上で、 米米CLUBツアー“おかわり”の準備をしてました。

○月×日 米米は絶好調ですが、 石井個人はいろいろ考えるところがあります。

○月×日 アルバム『LOVE DIAMONDS』

○月×日 平成の最後に考えたこと。

○月×日 令和の最初に今後を展望すると……。

ほか

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ