東京の運転免許試験場、そこで提供される「豪快カツカレー」が予想裏切るウマさ

しらべぇ




世の中には様々な「ゲン担ぎメシ」があるが、やっぱり知名度ナンバーワンはトンカツだろう。

勝負に「カツ」と文字ったものであるが、自動車免許更新のため東京・品川区「鮫洲運転免許試験場」を訪れた記者は、施設内で意外な“勝ちメシ”を見つけたのでここで紹介したい。

■庁舎2階の食堂




京急本線「鮫洲駅」から徒歩8分。2016年に新庁舎へ生まれ変わり、どこか古い病院を思わせるレトロな建物から、清潔感あるスタイリッシュな建物に変貌を遂げたのが鮫洲運転免許試験場だ。

館内では雑談する人もおらず、なんとも言えない緊張感がある。そんな中、講習(座学)用教室が複数ある2階のはじっこに、一面ガラス張りの食堂を発見。今回のお目当てはココ。スペース前には、料理の写真を並べたショーケースがあり、講習を終えた人たちが慌ただしくメニューを選んでいた。建物が変わる前は「ザ・食堂」といった感じだったが、今やおしゃれなカフェテリアのようである。

■「カツ!カツ!カツ!カツ!」




この食堂、じつはネット上でも評判が高く、同施設における一つの名物になっている。スパゲティ、ラーメン、つけ麺、そば、うどんといった麺類のほか、カレー、各種定食などご飯物を加えると合計約25種類。デザートとしてケーキセットなどもある。

メニューを決めたら真横の食券販売機でチケットを購入する。値段は「醤油ラーメン」(550円)、「カレーライス」(570円)、「うな重」(850円)、「とんかつ定食」(720円)といった感じに、街中にある飲食店よりおよそ1~3割くらいは安いだろう。

記者は、迷うことなく「カツカレー」(810円)を注文。ショーケースには、「肉厚ロースが美味しい」というシンプルな特徴に加え、「試験にカツ!目検にカツ!カツ!カツ!カツ!」とだいぶクセの強いゲン担ぎ言葉、そして「katsukare」という豪胆すぎる英訳が記されていて、妙にひかれたのだ。

■揚げたてトンカツと濃厚ルー




「カツカレーは、英訳してCutlet Curry Riceではなかったか。一体何のために…」と不思議に思っているうちに、カツカレーが完成。

カツのサイズは想像以上に大きい。普通に定食として出てくる大判のトンカツだ。注文してから厨房スタッフがフライヤーに豚肉を投下しているので、仕上がりはサックサクで熱々。非常に肉厚で、適度な脂身が最高、カレールーとの相性も非常に良い。

ルーは、辛さを抑えた家庭的な味。とろみがある濃厚なタイプで、タイプ的には金沢カレー系か。玉ねぎや人参の素材はほぼ溶け込んでおり、ライスがガンガン進むコクの深さがある。時折、揚げたてカツをザクッとかじると、これは値段以上のウマさだと嬉しくなる。

■謎スプーンで食べるべし




記者はこのカレーを食べる際のカトラリーが気になった。こういう食堂でのカレーの場合、大きいまんまるスプーンが定番だが、なぜかここでは平たく、溝のついた謎スプーンが提供されている。



これは「フィッシュソーススプーン」と言われるスプーンで、皿を傾けることなくソースと料理を口に運ぶために使用するもの。素早く食事をして午後の試験に臨んで欲しい…そんな思いを込めたかどうかはわからないが、ここ独自の心遣いと言えよう。

そして、あの「katsukare」というローマ字表記も、もしかしたら外国人ドライバーに口頭で注文させるための配慮なのかもしれない、とここにきて思えてきた。

食堂の営業時間は8時30分から15時まで。免許試験場周辺は飲食店がほぼない陸の孤島とあり、当食堂を知っておくだけでかなり重宝しそうだ。ちなみに一般の人もこの食堂利用だけで入館できるという。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ