「台風10号」関東に接近中 一部が強風域に 今後の雨と風の見通し 警戒いつまで?

日直予報士

きょう8日、台風10号が関東に接近しており、千葉県や静岡県の一部が強風域に入っています。今後、昼前にかけて沿岸部を中心に風が強く、非常に激しい雨の降る所があるでしょう。

●「台風10号」接近中

きょう8日、台風10号が関東に接近しており、千葉県や静岡県の一部が強風域に入っています。
関東や静岡県を中心に台風の発達した雨雲がかかっており、東京都練馬区や横浜市、水戸市など所々で激しい雨を観測しました。午前5時50分現在、神奈川県や茨城県には大雨警報の発表されている地域があります。

●今後の見通しは?

台風10号は、きょう8日昼前にかけて関東に接近し、沿岸部を中心に風が強く、海上では非常に強い風が吹くでしょう。昼前にかけては激しい雨や非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。
きょう8日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、関東甲信地方で23メートル(35メートル)、東海地方で18メートル(30メートル)、東北地方で15メートル(25メートル)です。
また、あす9日午前6時までの24時間に予想される雨量は多い所で関東甲信地方で100ミリ、東海地方や東北地方で80ミリです。
低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、土砂災害、強風、高波に注意・警戒が必要です。大気の状態が非常に不安定なため、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意してください。海上は大しけとなりますので、海岸付近には近づかないようにしてください。
午後には次第に天気は回復しますが、雨がやんだ後も危険な斜面や増水した川には近づかないようにしましょう。

当記事は日直予報士の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ