7日 関東に台風接近 今夜から雨・風強まる 台風から離れていても激しい雨

日直予報士

きょう7日(土)の夜からあす8日(日)午前にかけて、台風10号が関東に接近する予想。台風から離れた地域でも局地的に激しい雨。

●台風10号 関東に接近

台風10号はきょう7日(土)午前6時現在、南の海上にあって、1時間に約25キロの速さで東北東に進んでいます。中心気圧は990hPa、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルとなっています。このあと台風10号は発達しながら南の海上を北東へ進み、今夜からあす8日(日)午前にかけて、関東に接近するでしょう。
東海や関東では、きょう7日(土)午後は広く雨が降り出し、夜になると雨や風が強まりそうです。沿岸部ほど風が強く、何かにつかまらないと立っていられないような非常に強い風が吹くでしょう。
台風の影響を一番受けるのが、今夜からあす8日(日)の朝にかけて。静岡県や関東南部、伊豆諸島では台風本体や台風周辺の発達した雨雲がかかりそうです。1時間に50ミリの非常に激しい雨の降る所があるでしょう。
土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、強風に注意、警戒して下さい。海上は大しけとなり、高波に警戒が必要です。海岸には近づかないようにして下さい。

●局地的な激しい雨 猛暑

沖縄や九州から近畿、北陸は、台風から離れていても注意が必要です。湿った空気が流れ込む影響で、大気の状態が不安定になっています。けさは、九州南部や四国、近畿南部などで雨の降っている所がありますが、午後は山沿いを中心に雷を伴って激しい雨が降りそうです。
東北と北海道も雨雲が湧いて、急にザッと強い雨の降ることがあるでしょう。北海道は非常に激しい雨の降る所も。落雷や突風、ヒョウにもお気をつけ下さい。
また気温が高く、最高気温は35度前後まで上がる所が多いでしょう。新潟は37度と体温を超えるような暑さが予想されます。札幌は33度と、きのう6日(金)より2度ほど低いですが、体にこたえる暑さが続くでしょう。熱中症の危険度が極めて高く、広範囲で熱中症警戒アラートが発表されています。外出はなるべく避けて、冷房のきいた涼しい場所でお過ごし下さい。

当記事は日直予報士の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ