俺には無理!おしゃれすぎる女性とは付き合いたくないって本当?

ハウコレ



おしゃれな人がモテると思ってファッションセンスを磨いているという女性もいますよね。ファッションに無頓着な女性よりも服をきれいに着こなせる女性の方が男性の評価は高いでしょう。

しかし、行き過ぎたおしゃれをすることで、逆に男性が遠ざかってしまうことがあります。そこで、おしゃれすぎる女性と付き合いたくない男性の本音について紹介します。

■釣り合わない
普通ファッションの自分とは釣り合わないと腰が引けてしまう男性もいます。自分の格好をダサいと思われるのではないかと不安に感じるのです。

一緒に歩いていてもファションセンスが釣り合っていないと周りに思われて、恥ずかしい気持ちになると想像してしまいます。彼女が素敵で、自分なんかじゃ隣を歩けないと考えてしまうのです。

■お金がかかりそう
ファションにお金をたくさん使っているので、お金遣いが荒く見えると考える男性もいます。気に入ったものがあればすぐに購入して、金銭管理ができていないように感じます。

実際はプチプラで買っているので普通の人と同じぐらいしか洋服代がかかっていないこともあるでしょう。月にいくらまでしか使わないと決めているなど、金銭感覚がちゃんとしていることをさりげなく主張しましょう。

■プライドが高そう
おしゃれは自己主張のひとつです。そのため、おしゃれすぎる女性は自己主張が激しくプライドが高そうに見えます。ケンカになっても引かないなど、我の強さを嫌がる男性も多いのです。

プライドが高いので、ファションのことに口を出すとけちょんけちょんに否定される気がします。彼女に似合うと思って勧めたものであっても、「こんなものセンスがない」なんてバカにされる予想が出来るのです。

■話が合わなさそう
ファッションに興味のない男性の場合、一緒にいても話が合わなさそうだと感じます。相手の話したい内容を自分が理解できないかもしれえないと感じるのです。

デート場所もアウトレットや路面店など、ファッションに関係している場所ばかりに行きたがるのではないかと考えてしまいます。一緒にいても楽しめなさそうな気しかしないのです。

■適度なおしゃれで!
自分の好きなファッションがあるのならば無理に変えなくてもいいですが、男ウケを狙っている場合、適度なおおしゃれに抑えておきましょう。やりすぎは禁物です。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ