北陸 台風10号による影響とその後

日直予報士

来週にかけて、台風10号や新たに発生する低気圧や前線、台風9号の動向に十分注意して下さい。

●台風10号による北陸地方への影響

台風10号は、8日(日)の午前中に伊豆諸島付近を通過して北陸地方に最接近する見込みです。
北陸地方では7日(土)の午後から沿岸部を中心に次第に北よりの風がやや強まるでしょう。8日(日)は、新月の大潮の時期にあたるため、海岸では高潮にも注意してください。
新潟や富山を中心に、7日(土)午後から8日(日)昼頃にかけては1時間に30ミリ以上の激しい雨や雷雨の可能性もあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水等にも注意してください。
*台風の進路は常に最新情報を確認してください。

●台風9号と新たに発生見込みの低気圧や前線

台風9号は6日(金)18時現在、台湾海峡付近をゆっくり東よりに進み、8日(日)朝には熱帯低気圧に変わる見込みです。ただ、これは最大風速が17.2m/s未満に弱まるだけで、雨雲のもととなる高温多湿の空気を伴っていることに変わりはありません。新たな低気圧や前線として再発達し、今後の本州付近の天気に影響を与える可能性があります。
一方、9日には日本海に新たな低気圧が発生し、大陸方面からは新たな前線がのびてくる見込みです。北陸地方は、これらの低気圧や前線を含む気圧の谷となるでしょう。
三連休最終日の9日(月)は、雨が断続的に降り、雷を伴う所もありそうです。急な強い雨や落雷の可能性もあり、夏山登山や屋外レジャーを計画されている方は、特に最新の情報に注意して下さい。

●9月にかけて本州付近は台風の通り道となります

8月は台風の発生数が多く、9月にかけては本州付近を最も通過しやすい時期となります。昨年(2020年)は2008年以来12 年ぶりに台風の上陸はありませんでしたが、この先も気の抜けない時期が続きます。台風への備えを怠りなくお願い致します。
*知る防災より~台風~

当記事は日直予報士の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ