『ドラゴンボール改』18話ブルマが突然ブチギレ!「意味不明すぎる」と恐怖の声

まいじつ

『ドラゴンボール改』18話ブルマが突然ブチギレ!「意味不明すぎる」と恐怖の声

『ドラゴンボール改』18話ブルマが突然ブチギレ!「意味不明すぎる」と恐怖の声 (C)PIXTA

大人気アニメ『ドラゴンボール改』(フジテレビ系)の第18話『ユンザビットに眠る宇宙船! ナメック星へいざ発進』が、8月3日深夜に再放送された。作中ではブルマが唐突にブチギレる一幕があり、視聴者を恐怖に陥れている。

※アニメ『ドラゴンボール改』最新話の内容に触れています


仲間たちを生き返らせるドラゴンボールを求め、「ナメック星」を目指すことになったクリリンやブルマたち。そこでブルマは、ベジータたちの宇宙船を手に入れようとする。しかしブルマがリモコンで宇宙船を呼び寄せようとしたところ、なぜか宇宙船は爆発してしまう。

その後、彼らのもとにミスター・ポポが現れ、古びた宇宙船を託す。こうして宇宙船を手に入れたブルマは、クリリンと悟飯を連れてナメック星へと向かうのだった。

問題の描写があったのは、ブルマとクリリン、悟飯が一緒に宇宙船に乗り込んだ際のこと。そこでブルマはなぜか突如として機嫌を損ない、いかめしい顔つきに。宇宙船に乗り込んだクリリンが荷物を置く場所を尋ねると、「適当に置いときゃいいでしょ。早く座んなさいよ」と冷たく宣告。そしてクリリンと悟飯が椅子に着席する前に、乱暴に宇宙船を発射させる。

さらにクリリンから「何するんすか?」と声をかけられ、「うるさいわね! 着替えんのよ」と怒鳴り散らすシーンも…。

作中屈指の“自己中”女・ブルマ


感情をむき出しにして当たり散らすブルマに、クリリンや悟飯もドン引き。しかも怒っていた理由について、「あんたたち(軽装のクリリンと悟飯)を見てたら、張り切って宇宙に備えた自分が馬鹿らしくなってね」と人のせいにしている。その一方、怒り狂っていたかと思いきや、最後には3人仲良く並び、窓から笑顔で宇宙を眺める描写もあった。

情緒が不安定なブルマの姿に、ネット上では《ブルマ怖いwww。あそこまで機嫌悪くなる必要ある?》《ブルマのキレ具合が怖かった…。自分も気を付けようと思った反面教師》《ブルマ、やばいことを気にしてんな》《いくらなんでも冷たすぎるでしょ》《ここでキレるの意味不明すぎて笑った》などの反響が相次いでいる。

ちなみにブルマは、同作の中でもぶっちぎりで性格に難があることで有名。頭脳明晰な反面、物怖じしない彼女のせいで悟空たちがトラブルに巻き込まれた経験もしばしば。さらに物語当初はヤムチャと恋仲にあったものの、最終的に彼が死んだ原因のベジータと結ばれている。ヤムチャが生き返ったとはいえ、この手のひら返しは彼の精神に相当なダメージを与えたことだろう。

とはいえ、ブルマがファンから高い人気を誇るヒロインであることは事実だ。無意識に周囲の人間を振り回してしまうところも、彼女の小悪魔的な魅力なのかもしれない。

文=猿田虫彦

【画像】

ufabizphoto / PIXTA

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ