九州 3連休は不安定な天気 台風9号・10号の動向は

日直予報士

あす7日からの3連休、九州は台風の北上に伴い湿った空気が流れ込むため、不安定な天気の所が多くなる見込みです。また、海のレジャーはうねりを伴う高波にご注意下さい。

●台風10号、9号の動き

きょう6日午前9時現在、台風10号は南大東島の北の海上は東へ進んでいます。あす7日以降は進路を北東へ変えて、8日(日)・山の日に関東地方の南岸にかなり接近する見込みです。東日本太平洋側を中心に荒れた天気になりそうです。
一方、台風9号は台湾海峡付近をゆっくりと東よりに進んでいます。この後も動きが遅く、8日(日)には台湾海峡で熱帯低気圧に変わる見込みです。

●3連休は天気が変わりやすい

あす7日は、台風10号が本州の南海上を北上するため、九州は台風周辺の湿った空気が流れ込み大気の状態が不安定です。日差しもでますが、にわか雨や一時雷雨になる所があり、変わりやすい天気でしょう。
8日(日)山の日、9日(月)振替休日も湿った空気が入りやすいため、にわか雨が降りやすく不安定な天気が続く見込みです。
屋外でのレジャーなどは晴れていても、天気が変わりやすいですので、急な強い雨や落雷などにご注意下さい。
また、九州の太平洋側や東シナ海側の沿岸海上は、台風からうねりが入り波が高い所があります。海水浴や釣りなどは高波に注意が必要です。

●10日(火) 九州は大雨のおそれ

台風9号は、8日(日)には台湾海峡付近で熱帯低気圧に変わる見込みですが、勢力が弱まっても九州付近へ高温多湿な空気を運んでくる見込みです。
連休明けの10日(火)は、九州付近は熱帯低気圧などの高温多湿な空気の流れ込みが強まるため、さらに大気の状態が不安定になります。発達した雨雲が流れ込み、局地的に大雨になるおそれもあります。雨の降り方に警戒して下さい。

当記事は日直予報士の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ