『ザ・スーサイド・スクワッド』ジェームズ・ガン監督が「『誰を殺してもいい』と言われた」と嬉しそうに語る特別映像を公開

SPICE


8月13日(金)公開の映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結』から、ジェームズ・ガン監督らが作品について語る特別映像が解禁された。

『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』は、バットマンやジョーカーなどのキャラクターを擁するDCコミックスのアンチヒーローチーム“スーサイド・スクワッド”をメインにすえた映画。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン監督がメガホンをとる最新作だ。2016年に公開された映画『スーサイド・スクワッド』は、世界興行収入7億4685万ドル(約806億円)を記録(※BOX OFFICE MOJO 調べ/1ドル=108円換算/公開年平均レート)。『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』は、ガン監督が脚本もてがけ、シリーズを再構築。スーサイド・スクワッドのメンバーとして、ジョーカーと別れたハーレイ・クインや、スナイパーのブラッドスポート、異次元の水玉で敵をチーズに変えるというポルカドットマン、平和の為には暴力も厭わないピース・メイカー、ネズミのセバスチャンが相棒のラットキャッチャー2、食欲優先のキング・シャークらが登場する。キャストには、『スーサイド・スクワッド』からの続投となるマーゴット・ロビー(『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』)、ジョエル・キナマン(『スーサイド・スクワッド』)、ジェイ・コートニー(『ダイバージェント』シリーズ)、ヴィオラ・デイヴィス(『スーサイド・スクワッド』)のほか、イドリス・エルバ(『マイティ・ソー』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』)、マイケル・ルーカー(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ)、ジョン・シナ(『バンブルビー』)、デヴィッド・ダストマルチャン(『ダークナイト』『アントマン&ワスプ』)、ダニエラ・メルキオール、シルベスター・スタローン(『ロッキー』『ランボー』)らが名を連ねている。


今回解禁されたのは、監督・キャストたちが、本作に登場するキャラクターの“生死”や撮影の裏側について語る特別映像。ジェームズ・ガン監督は、「『誰を殺してもいい』と言われたんだ。みんな私がハーレイを殺すと思っているけど……どうだろうね?」と意味深なコメント。さらに、「最後まで生き残れないメンバーが多いことにみんな驚くよ」といたずらっぽく笑みを浮かべる。ガン監督作品の常連で、サバント役のマイケル・ルーカーも「伏せておくべきこともある」と匂わせる様な言葉で煽る。スクワッドたちに仕掛けられた爆弾のスイッチを押す権限を持つアマンダ・ウォラー役のヴィオラ・デイビスも「かなり強めにボタンを押した」と笑顔。果たして、誰が生き残るのか?

『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』は8月13日(金)全国公開。吹替版/4D/DOLBY CINEMATM/IMAX(R)同時上映。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ