麒麟・川島が貫いた「ワイドショーは絶対やらない」 バラエティ番組MCとして『ラヴィット!』を引き受ける

今春から始まったお笑いコンビの麒麟・川島明がMCを務める情報番組『ラヴィット!』(TBS系)は、社会的事件や芸能界・スポーツ界の話題は一切扱わず、同時間帯の民放各局のワイドショーとは一線を画している。当初は「朝から芸人が騒いでうるさい」「『ヒルナンデス!』の二番煎じ」とネットで酷評され、「川島はこんな番組のMCを押しつけられて気の毒」というコメントまであった。しかし『ラヴィット!』のお笑い芸人が多数出演するバラエティ色強めの方向性は、川島自身が強く望んでのことだったという。

7月28日深夜放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京)で、ゲストの川島明にMCのオードリー・若林正恭が『ラヴィット!』について「スタートの時より明らかに“ボケる”人が多いですよね、お笑い色が強くなってる」と尋ねた。『ラヴィット!』は衣食住遊をテーマに生活情報に特化した内容になっており、それに関するVTRを見ながらクイズが何問か出される。正解を考えるよりも、より面白いボケを発表することに力を入れるのは、芸人だけでなくジャニーズもアイドルも同じだ。どんなボケでも川島がよく拾い、答えに詰まっている出演者がいれば優しく振る。春日俊彰もよく同番組にゲスト出演しているが、「川島さんじゃなかったら、あんなにボケられない」と話す。このように毎日繰り広げられる“大喜利大会”の仕切り役となっている川島だが、「めっちゃ楽しい、自分の番組が毎朝やれるのはすごい幸せ」と穏やかな表情を見せていた。

この『あちこちオードリー』のプロデューサー・佐久間宣行氏が8月4日に公開したYouTubeチャンネル『佐久間宣行のNOBROCK TV』では、川島をゲストに招き『ラヴィット!』を引き受けた経緯を詳しく聞いている。川島は過去に『直撃LIVE グッディ!』でパネラーとして出演していたが、ワイドショー的な番組は自分に向いていないと強く感じたという。だからこそマネージャーから「『グッとラック!』終わって、“川島さんで”ってお話をいただいてます」と言われた時は、「ワイドショーやったら絶対やりません」と返答したそうだ。するとTBS側から「めちゃくちゃバラエティにしてください」「明るい番組にしたい、若い人に見てもらいたいんです」と説明されたものの、「でも、ちょっとぐらいニュース扱うかもしれません」「『ヒルナンデス!』みたいに報道フロアからのニュースについて、一言やりとりはできますか?」と打診もあったそうだ。すると川島は「できません、申し訳ない。これをやりだすと自分に嘘つくことになります」ときっぱり拒否したという。

その結果、TBS側は川島の希望を全て受け入れ、番組のスタッフもゴールデンタイムでバラエティ番組を作っているチームが担当することになった。もちろん新型コロナウイルスや東京オリンピックも扱わず、番組スタート時点よりスタジオ出演者にお笑い芸人の占める割合がどんどん増えている。レギュラーの芸人だけでなく、ロケによく登場している芸人もスタジオに呼ばれるようになった。「ニュースやワイドショーは一生やらない」と胸に誓った川島が引き受けた『ラヴィット!』、これからもバラエティ番組としてたくさんの笑いを朝から届けたいと出演者、スタッフが一丸となって頑張っているようだ。

画像2枚目は『矢田亜希子(Akiko Yada) 2021年7月21日付Instagram「本日も水曜日ラヴィット!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ