腹筋の柔軟性UPが鍵。1日1分【理想的なほっそりウエスト】に導く簡単習慣

beauty news tokyo


今まさに「ぽっこりとしたお腹を引き締めたい!」と考えている方は少なくないと思います。そこで鍵となるのが“腹筋の柔軟性UP”です。なぜなら、腹筋が凝り固まっていると代謝が低下し、痩せにくい上に贅肉の付きやすい状態となってしまうから。そこで習慣に採り入れたいのが、腹筋全体にアプローチできる簡単ストレッチになります。

腹筋全体に効く簡単ストレッチ


(1)床にうつ伏せの姿勢になり、顔の脇に両手を着く

(2)手で上半身を支えるようにあごを上に向けながら体を後ろに反らせ、反らしきった所でゆっくり呼吸をしながら30秒間キープする



▲上半身を反らせるときは肩甲骨を内側に寄せるようイメージしてください

なお、このストレッチ法は腰への負担が大きいため、慢性的に腰の痛みを抱えている方は「足のつま先を立てて恥骨を浮かせる」(下写真)という方法で行って、腰への負担を軽減してください。



▲足のつま先を立てて行う場合も、上半身を反らせるときは肩甲骨を内側に寄せるようイメージしてください

このようにシンプルなストレッチ法ですが、続けるほどにお腹周りの筋肉の柔軟性が増していくのを実感できます。ぜひ理想的な“ほっそりウエスト”を手に入れるべく習慣化してみてくださいね。<ストレッチ監修:コシバフウタ(トレーナー歴3年)>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ