私立恵比寿中学、9人体制初の新曲タイトル決定「佐久間宣行 ANN 0」でオンエア解禁

dwango.jp news


私立恵比寿中学(エビ中)が7月に出演した、アーティストの一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」での『なないろ』『ジャンプ(w/石崎ひゅーい)』の2曲の合計再生回数が230万回を突破し話題を集めている中、9人体制初の新曲タイトルが『イヤフォン・ライオット』と発表され、本日ニッポン放送「佐久間宣行オールナイトニッポン0(ZERO)(27:00~28:30)にてオンエア解禁が行われることになった。加えて配信も8月11日0:00からスタートすることが発表された。



これまでも何度もエビ中の曲をOAしているこの人気番組で、記念すべき新曲が今夜ベールを脱ぐ。

エビ中は今年5月に7年ぶりの新メンバー、桜木心菜、小久保柚乃、風見和香の3名の加入が発表されて、真山りか、安本彩花、星名美怜、柏木ひなた、小林歌穂、中山莉子に新メンバーが加わった9人体制となったが、今回はそのスタートを飾る新曲となっている。

作詞・児玉雨子、作曲・杉山勝彦、編曲・野村陽一郎というエビ中の数々の名曲を手掛けた制作陣によるこの楽曲は、エビ中第3章の幕開けにふさわしい、「こんな時代に聴く人の背中を押してくれるような」ポジティブなメッセージが、真夏にふさわしいポップなメロディ、アレンジに乗せて発信されている。

この楽曲は、8月21,22日に横浜赤レンガパーク特設会場で行われる「ファミえん2021」のテーマソングであり、8月18日リリースの『FAMIEN‘21 L.P.』にも収録される。

私立恵比寿中学は、8月21日と22日には2年ぶりの夏の野外イベント「みらいに響け、みなとのPLAYGROUNDこと ファミえん2021 in 赤レンガ倉庫」(神奈川県・横浜赤レンガパーク特設会場)を開催し、新メンバーの初パフォーマンスを披露する。

またそれに先立ち、8月18日(水)に今回の新曲『イヤフォン・ライオット』を含む、これまでのファミえんのテーマのベストソング集ともいえる内容のCDアルバム『FAMIEN’21 L.P.:をリリースすることもアナウンスされている。初期作品はメンバー全員でボーカルを完全再レコーディングするなど、数々の名曲が新体制9人の歌声で生まれ変わる。

アグレッシブに進んでいくエビ中の活動からますます目が離せない!

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ