20代で自己破産を経験、コロナ禍で全社員の給料を上げた起業家の「二度と失敗しないための信条」発売!

Rooftop


main-11.jpg

株式会社シーラホールディングス取締役会長・杉本宏之氏。 20代で独立・起業し、 不動産業界史上最年少で上場を果たすも、 多額の負債を抱えて自己破産。 その後、 シーラホールディングスを設立し、 再び成功を収めた。 彼はなぜ再起することができたのか。

コメント
私の再起を支えてくれたのが、 この本で語ろうとしている「言葉」です。 この言葉たちは、 私が20代で最初に起業した『エスグラント』が経営破綻して、 自分自身も自己破産した直後から、 再び立ち上がるまでの間、 人生のどん底であえぎながら考え続けてたどり着いた「二度と失敗しないための信条」です。 我ながら、 泥臭くダサい言葉が並んでいると感じます。 でも、 泥臭くて当たり前のことこそが真実であり、 大切なことだと学びました。 私自身、 決して忘れないよう、 日々自分を戒めています。

二度と失敗しないための18の「行動指針」
◎日頃から倹約を心がければ経費削減など必要ない

◎分からない事を分かるふりをする事は最も愚行である

◎収入を生まない物は資産ではなく無駄な荷物である

◎中長期的な視野に立ち、 人を育てる事は資産管理よりも重要である

◎リーマンショックを忘れるな。 実力以上の借金が身を滅ぼす

◎成功者にとって謙虚さと感謝が最も大事な想いである

◎悔しいなら圧倒的な努力をせよ……etc.

【著者紹介:杉本宏之 】

1977年生まれ。 神奈川県出身。 高校卒業後、 宅建主任者資格を取得し、 1997年、 住宅販売会社に就職。 22歳でトップ営業マンに。 2001年に独立し、 エスグラントコーポレーションを創業。 2005年、 不動産業界史上最年少で上場を果たす。 2009年、 民事再生を申請。 2010年にシーラホールディングスを設立し、 現在に至る。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ