Rocket Punch、ついに日本デビュー! 元IZ*ONEウンビも作曲でデビュー盤に参加

ウレぴあ総研

Rocket Punch 左からジュリ、ユンギョン、ダヒョン、ヨンヒ、ソヒ、スユン
今年5月に日本デビューを発表していた、元AKB48の高橋朱里が所属する韓国の6人組ガールズグループRocket Punchが8月4日、ミニアルバム『Bubble Up!』をリリースし、待望の日本デビューを飾った。

ヨンヒ、ジュリ、スユン、ユンギョン、ソヒ、ダヒョンの6人で構成されたRocket Punchは、人気ボーイズグループINFINITEやGolden Childらを輩出したWoollim Entertainment所属のガールズグループ。グループ名には「退屈な日常に飛ばす新鮮な一発のパンチ」という意味が込められている。2019年8月にミニアルバム『PINK PUNCH』で韓国でデビューし、「2019年下半期期待の新人」として注目され、MAMA女性新人賞にもノミネートされた実績がある。

『Bubble Up!』通常盤
韓国デビューから2年――。待望の日本デビュー盤『Bubble Up!』には、Rocket Punchがもつ明るくハツラツとしたイメージ通り、暑い夏を元気いっぱいさわやかに盛り上げる楽曲が並ぶ。新たな始まりに胸が弾けるような、夏を感じさせるキラキラポップチューン『Bubble Up!』を筆頭に日本オリジナル楽曲5曲と、韓国デビュー曲『BIM BAM BUM』の日本語バージョンの全6曲が収録されている。収録曲『Let's Dance』は、同じ事務所所属の先輩であるクォン・ウンビ(元IZ*ONE)が作曲に参加したという。

今月8日(日)には、日本デビュー記念ショーケースライブを控えている。メンバーたちはまだ日本デビューの実感が湧かないそうだが、ライブを前に「日本のファンの方々にたくさん私たちを観てもらえると思うとわくわくします」(ダヒョン)、「Rocket Punchのまた違う魅力を分かってもらえたらと思います!」と胸を弾ませ期待を込める。ジュリは「私の人生の中で、この先もずっと記憶に残る日になると思います」と思いを馳せながら、「一瞬一秒を大切に過ごしたい。たくさんの方にも、印象に残るステージになればうれしいです」とコメントを寄せた。同ライブの模様は、動画配信サービスABEMAにて17時より生配信される。

なお、発売中の雑誌『韓流ぴあ』8月号では、Rocket Punchが特集されている。また、デビュ―を記念し、『韓流ぴあ×メモカぴあ』が決定、同誌のRocket Punch撮り下ろしカットを全国のセブン-イレブン店頭マルチコピー機にて購入できる。今月5日(木)17時より発売開始される。詳細は、メモカぴあまで。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ