南海キャン・しずちゃん、療養中も女子ボクシングへのエール忘れず「きっと、やってくれます!!」

東京オリンピックで女子ボクシングが快進撃を続けている。2012年のロンドン五輪で正式種目として採用されたもののこれまで日本の出場枠が獲得できずにいた同競技で、すでに2人の選手がメダルを確定させているのだ。この快挙に驚いているのが、自身もオリンピック出場を目指してきた南海キャンディーズのしずちゃんだ。2回目の新型コロナウイルス感染を発表し自宅療養中の彼女だが、自身のSNSで熱いエールを送っている。

ロンドンオリンピックでは女子ボクシングの強化選手に抜擢されたしずちゃんだったが、本大会への出場権は獲得できなかった。その後2016年のリオデジャネイロオリンピックを前に競技からは引退したが、現在は日本ボクシング連盟の女子強化委員として競技普及や選手強化に努めている。今年5月に行われたロシアでの国際トーナメントに出場した女子選手が全員メダルを獲得する快挙を成し遂げた際には、Instagramで「こんな時代ですが、日本の女子ボクサーたちは世界で大活躍してます!!」「元気もらえます!! ありがとう」と選手たちの健闘を称えていた。

このたびの東京オリンピックではフェザー級の入江聖奈選手が銀メダル以上、フライ級の並木月海選手が銅メダル以上をそれぞれ決めている。しずちゃんは2日更新のInstagramで「女子ボクシング、すごいです!!」と大躍進ぶりを称賛し、「私が現役の時より世界のレベルも上がっている中でここまで来てるお2人」「あんなに厚い世界の壁を…!!!!!」と改めて2人の強さに賛辞を送っていた。

先月末に新型コロナウイルスに再感染したことを発表し、再び自宅療養しているしずちゃん。フォロワーからは「ゆっくり休んでください」と体調を気遣う声が寄せられているが、彼女にとっては2人の活躍を見るのが何よりも嬉しいようだ。両選手の大一番を前に「みなさんも応援よろしくお願いします!!!」と呼びかけており、またこれまで彼女たちの実力を間近で感じてきただけに「きっと、やってくれます!!」と最高の結果を確信しているようであった。

画像2、3枚目は『しずちゃんの創造と破壊チャンネル【公式】 2021年8月2日付Twitter「コロナ、関係各所…ご迷惑をおかけしてすみません。」』『南海キャンディーズ しずちゃん 2021年5月16日付Instagram「ロシアの国際トーナメント」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ