ソニーからサラウンドシステムとバースピーカー 立体音響技術で臨場感豊かなサウンド

OVO


 ソニーから、立体的な音の広がりをうたったホームシアターシステム「HT-A9」(市場価格22万円前後・税込み)、バースピーカー「HT-A7000」(同 15万4,000円前後)が登場する。独自の立体音響技術で、映画の音響や音楽を、前後左右に大きく広がる音場空間の中で臨場感豊かなサウンドを楽しむことができる。音響効果をさらに高めるオプションとして低音を強化するサブウーファー2機種とHT-A7000用リアスピーカーも用意する。HT-A9は8月7日、HT-A7000は8月28日に発売の予定。

HT-A9は、4基のワイヤレススピーカーとコントローラーによるシステムで、新開発の360 Spatial Sound Mapping技術を搭載。各スピーカーとの間や天井の高さなど内蔵マイクで自動測定して、その位置情報から4基のスピーカーの音波を重ねることで、あたかも最適位置にセットした12個の仮想スピーカーから音が出ているかのように音を合成。立体的な音響を創出する。部屋の形にとらわれることなく、自由度の高いスピーカー配置ができるのも新しい。

HT-A7000は、天井からの音の反射を生むためのスピーカーユニットや方向感を作り出すビームトゥイーター、低音強化のサブウーファーなど11基のユニットで構成した7.1.2サラウンドシステム。独自のバーチャルサラウンド技術、フロントサラウンドにより、部屋に最適の立体音響効果をもたらすようになっている。

2モデルともに同社開発の立体音響技術360リアリティー・オーディオの認定スピーカーであり、インターネットの音楽配信サービスを中心に広がりつつある対応コンテンツの再生では、「生演奏に包み込まれるかのような没入感のある立体的な音場を体感」できるとしている。

当記事はOVOの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ