『推しの王子様』仕事で大事なものを思い出す? 企画ピンチに比嘉愛未は……<第3話あらすじ>

※画像は『推しの王子様』公式Instagram(@oshi_no_oji)より

 

比嘉愛未さん主演、渡邊圭介さん、ディーン・フジオカさん共演で話題の『推しの王子様』(フジテレビ系、毎週木曜よる10時)。その第3話が7月29日に放送されました。

 

『推しの王子様』ってどんなドラマ?

『推しの王子様』は『マルモのオキテ』などを手掛けた阿相クミコさんも演劇コントユニット「大人カフェ」の伊達さんによる完全オリジナルストーリーです。

比嘉愛未さん演じる主人公の日高泉美は乙女ゲームを手掛けるベンチャー企業の社長。自分の理想のキャラクター「ケント様」と恋に落ちるゲーム『ラブ・マイ・ペガサス』が大ヒット、泉美自身も経営者として注目を集めています。

そんな泉美の前に、ある日突然、男性が「空から舞い降りて」きます。その男性・航(渡邉圭介さん)は泉美の推し「ケント様」にそっくりで……。

しかし、似ているのは外見だけ。中身は無作法で、無教養、無気力。がっかりする泉美でしたが、航と話をしているうちに、彼を理想の男性に育てることを決意するのです。

泉美が社長の務める「ペガサス・インク」の副社長兼ディレクターの光井にディーン・フジオカさん、企画制作部の面々に瀬戸利樹さん、徳永えりさん、佐野ひなこさん、谷恭輔さんらが出演。

「もう少し、ペガサス・インクでがんばってみたい」という前向きな姿勢を見せた航。『推しの王子様』の第3話はどのような展開となったのでしょうか。あらすじなどをご紹介します(ネタバレ注意)。

 

 

ネタバレ注意!第3話のあらすじは?

IT系ベンチャー企業「ペガサス・インク」は、社長である日高泉美(比嘉愛未さん)を中心に、乙女ゲーム『ラブ・イン・ペガサス』をリリースしそれが大ヒット。一躍世間の注目を集める存在となったが、同ゲーム以降ヒット作品を生み出せていないのが悩みの種だった。

 

様々な企業に新企画を提案し協力を要請するも不調に終わる中、泉美の一生懸命さが「ランタン・ホールディングス」の社長を務める水嶋十蔵(船越英一郎さん)の目に留まり、商談、プレゼンの機会が設けられることとなった。

 

緊張しながらも最初の商談をするべく「ランタン・ホールディングス」のビルに入っていく泉美と、副社長の光井倫久(ディーン・フジオカさん)。しかしその場に水嶋はおらず、メディア事業部の社員のみが出席、企画書の練り直しを指示されたのみでその場は終了した。注文が多く、泉美を始めとした社員たちは困惑しながらも仕事を進める。

 

そんな中、社内では「新入社員」の五十嵐航(渡邊圭祐さん)が相変わらずのダメっぷりを発揮していた。泉美の肝いりで(彼を一人前の社会人に育てようと)入社させたものの、会議中に居眠りしたり、ゲーム業界の仕事に就いているにも関わらず専門用語がまるで分からなかったり。社員の有栖川徹(瀬戸利樹さん)にその態度を咎められるなどし、さすがに航もヘコむ。

 

しかし泉美が会社を興すまでの苦労を知り、そして何よりも「最初は誰でもレベル1なの。でも少しずつレベルアップしていくのも楽しいよ。出来ることが増えていって、良い事も一杯あるから」「本を読むことで、色々な考えを知る事が出来るの」「学んだことは一つも無駄にならず、あなたの財産になるの」といった泉美の言葉に航は思い直し、懸命に勉強を再開するのであった。

 

そして会社の方は、企画を練り直したにも関わらず「ランタン・ホールディングス」から何度もダメ出しをくらい、さすがに泉美も精神的に追い込まれる。しかしそんな時に救いの船を出したのは航だった。泉美のアドバイスに従い水嶋の著書を読み、彼の考えを知ったほうが良いとアドバイスしたのだ。

 

泉美は著書の中で、水嶋が「ユーザーの気持ちに立ってモノを作る」という信念を持っていることを知り原点に立ち返る。そして水嶋が同席したプレゼンでもそのことを強調し水嶋の賛同を得て、ついに新企画への協力=出資を取り付けることに成功したのだった。

 

次々と降りかかる新たな苦難

新作乙女ゲーム開発への出資を受けるため、『ランタン・ホールディングス』に企画書を提出したペガサス・インク。

反応を聞くために光井と一緒にランタンを訪れた泉美ですが、先方からは次々と新たな提案が。結果、企画書を作り直すことに。出資してもらうためには相手にも利益がないとダメ。ですから、意向を組み込むのは当然と言えるのかもしれませんが……。

てっきり、社長の水嶋(船越英一郎さん)が出てくるのかと思いきや、対応してくれたのはメディア事業部の社員(まあ、社長はお忙しいので……)。

「一点よろしいですか」と10点ぐらい注文をつけてくる社員(最初に10点ほどよろしいですか? といっそのこと言ってほしい)。

内部で共有されてない要望(事前に共有しておいてほしい)。打ち合わせのたびに、同席する人間が異なる(どうして?)。

……とまあ、多くの人は一度は味わったことがあるような苦難がそれはもう次から次へと起こります。

で、先方の要望に応えようとするあまり、本来、自分たちが作りたいと思っているものからは離れていってしまったり。

泉美たちは「ユーザーの癒しを最優先する」ということに立ち戻ったおかげで、そうならずに済みましたが、観ていて胃が痛くなってしまいそうです……。

そしてこういうときの船越英一郎さんは食えなさそうなラスボス感があって、作品がピリリと締まりますね……。

 

 

航の態度に社員からの反感が……?

ペガサス・インクがてんやわんやな中、航だけはマイペース。

前向きにがんばると言ったものの、会議で居眠りしてしまったり、あまり態度に改善が見られません。そのため、有栖川からは反感を買ってしまいます。みんなががんばっている中で、ひとりペースが違ったり、やる気が感じられないと全体のモチベーションに関わりますからね……。

泉美の宿題にも文句ばかりでなかなか進みません。

どうして航がこんなにもやる気がないのか、どうしてこんなにも知らないことが多いのか。それらのバックグラウンドが見えないせいでちょっと航に共感しづらい部分があります。ただ、今の航にとって、ペガサス・インクの社員たちの努力やがんばる理由がわからないも同じ部分にあるのかもしれません。

泉美は夢もやりたいこともない人生を送っていたけど、航は過去に何か失っていたのだとしたら……。その部分が見えてくると、物語の印象が変わってきそうです。

 

 

ねえ、ミッチーはいつ動き出すの?

泉美を見守り、社員を見守り、航のこともさりげなくフォローをしている光井。穏やかでニコニコしている彼がペガサス・インクの中で業務面だけではなく、人間関係においても重要な役割を果たしているのは分かります。

航に関しても、泉美を焚きつけたりしていますが……泉美に片想いしているんですよね、光井は……? どこで動き出すのかも気になるところ。

ところで、泉美はずっと隣に光井がいても、一切恋心は動かなかったんでしょうか……これまでの2人のいろんなエピソード、もっと知りたい……ッ。

 

 

どうなる第4!?

出資を受けられることが決まり、ゲーム制作への士気も高まります。そんな中、芽衣は推しのミュージカルを観るためにと、仕事に没頭中。でも航には推し活がイマイチ、ピンと着ていないようで……

第4話も興味深い回になりそうな予感です!

 

 

見逃し配信サービスも!

第3話を見逃したという方は民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』で1無料で配信。さらに『FOD』でも配信(有料)しておりますので、そちらでもどうぞ。

民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』

『FOD』

 

過去放送分もチェック

『推しの王子様』第1話あらすじ

 

『推しの王子様』第2話あらすじ

 

 

※本記事内のTwitterは、埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

WRITER

  • ふくだりょうこ
  •        

  • 大阪生まれ関東育ちのライター。主にシナリオや小説などを書いています。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに行くのが楽しみ。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ