アーノルド・シュワルツェネッガー、74歳誕生日も元気にワークアウト

“シュワちゃん”の愛称で日本でも親しまれているアーノルド・シュワルツェネッガーが、先月30日に74歳の誕生日を迎えた。当日は家族やファンからたくさんの祝福が寄せられたほか、ワークアウトに励んだりロサンゼルスでサイクリングを楽しむ様子が伝えられ、その元気な姿に称賛が集まった。

映画『ターミネーター』シリーズや『ツインズ』などで人気を博した俳優で、2003年から2011年にわたりカリフォルニア州知事を務めたアーノルド・シュワルツェネッガー。スクリーン上での硬派なイメージと、テレビCMで見せるお茶目なキャラクターとのギャップが話題を集め、1990年代には日本のお茶の間でも“シュワちゃん”の愛称で人気を呼んだ。

そのアーノルドが先月30日に74歳の誕生日を迎え、当日に長男パトリックさんがInstagramにアップした元気なアーノルドの姿がファンを喜ばせているようだ。

「お誕生日おめでとう、お父さん!」

「今日で74歳だっていうのに、一体どうやったらこんなに重たいウエイトを持ち上げられるのか、僕には見当もつかないよ。」

そんな言葉とともにパトリックさんが公開したのは、ブルーのTシャツを着たアーノルドがホームジムと思われる場所でTバーローイングに励む様子を捉えた動画だ。そこには顔を赤らめながらも巨大なウエイトをリズミカルに持ち上げるアーノルドの姿が映っており、

「最高すぎる!」

「レジェンドは今も健在」

「今も昔も、あなたは僕のインスピレーション」

などとファンからたくさんの称賛コメントが届いている。

これまで度々心臓手術を受けているアーノルドは昨秋、オハイオ州クリーブランドのクリニックにて大動脈弁の置換手術を受けたことをSNSで報告していた。年齢に加えパンデミック下だったこともあってファンを心配させたが、このたびパトリックさんがシェアした動画に映るアーノルドの元気な姿にはファンも胸を撫で下ろしたようだ。

誕生日の翌日には、高機能なアウトドアウェアが人気の「パタゴニア」のジャケットにショートパンツを合わせたスタイルで友人らとロサンゼルスの街をサイクリングする姿がキャッチされ、年齢を感じさせない装いやルックスに、

「74歳には見えない」

「元気そうでなにより」

といったコメントが再び寄せられた。

パトリックさんもそんな父親の姿には尊敬の念を抱いているようで、

「僕があなたの年齢に達した時には、あなたのその半分でもいいから、肉体的・精神的に強くありたいと願うばかりです。」

と投稿を締めくくっている。

なお誕生日当日には、長女キャサリンさんも自身の幼少期の父娘ショットなどをInstagramで公開、愛娘にメロメロな若きアーノルドの姿が話題を集めた。



画像2、3枚目は『Katherine Schwarzenegger 2021年7月31日付Instagram「HAPPY BIRTHDAY DADDY!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ