友達はもう卒業♡【長年の男友達】と付き合う方法って?

ハウコレ



性別を超えて信頼しあえる友人は非常に貴重な存在です。特に学生時代からの付き合いが社会人になっても続くほど付き合いが長い男友達は持っていない人も多く、そういう存在がいる人は大切にすべきでしょう。

しかし、必ずしも男友達がいれば幸せなわけではありません。中には、そんな長年の男友達に片想いをしている人もいるでしょう。

そんな長年の男友達との友達関係を卒業して、恋人になるためにはどうすれば良いのか解説していきます。

■相手に彼女がいないことを確認する
男性に対してアプローチをする時、相手が単なる同僚でも長年の男友達でも、重要なのは相手がフリーであることです。

相手に彼女がいると、アプローチの成功率は下がるためもう少し友達のままで待った方が良いでしょう。まずは相手に彼女がいないことを確認しましょう。

二人で飲む時やLINEなどで、それとなく恋愛系の話を振って相手に彼女がいないことを確認することが先決です。

■まずは告白してからアプローチを開始
普通の恋愛の場合、アプローチをして親しくなってから告白するのが定石です。しかしながら、既に長年の友達として信頼関係ができているのなら、アプローチをして親しくなる必要はありません。

むしろ告白もせずにいきなりアプローチをすると、男友達が困惑してしまう恐れがあります。まずは告白して、相手に女性として意識してもらいましょう。

そうすることで、今後のアプローチが効果的になること間違いなしです。

■周りの友達にも協力してもらおう
長年の友達関係なら、周りに共通の友達が多いケースもあるでしょう。その場合は、周りの友達に協力してもらうのがおすすめです。

グループで遊ぶ時もさりげなく二人にしてもらうことで、ますますアプローチのチャンスが増えていきます。からかうのではなく、応援してくれるようにお願いしてみましょう。

■「良い友達」のポジションを抜け出すのは苦労するかも?
長年の信頼関係があるため、急に友達ではなく女性としてみてほしいといっても相手も混乱する恐れがあります。

しかし気が合うことが分かっているからこそ、意識してもらうことさえできれば成功率も高いでしょう。頑張って意識してもらい、彼の大切な人を目指しましょう。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ