ロスジェネ世代のそばに常にあるダイエットブームという呪縛と福音

日刊SPA!

―[ロスジェネ解体新書]―

あらゆる年代の人がいる職場はまさに“世代のルツボ”。特に社会に出て間もない人にとって、過重労働が社会問題になっている時代にあって嬉々として“徹夜仕事”をしたり、なんでも電子化、レンタルできる世の中で“モノにこだわる”40代以上の世代は奇異に映るかもしれない。

社会の文脈的に“ロスト”されてきた世代は、日々どんなことを想い、令和を楽しもうとしているのか。貧乏クジ世代と揶揄されつつも、上の世代の生態をつぶさに観察し、折衝を繰り返してきたロスジェネ世代の筆者ふたりが解説していく。

◆中年太りは社会悪? ダイエットは最後の恋心を満たす魔法か

「『わき腹についた贅肉のこと、ラブハンドルって言うみたい。ほら、僕のわき腹もムニュ~とつまめちゃう!』。 先日、妻にこんな風におちゃらけたら、ビー玉のような目つきで『デブ!』と一喝されて……。なんとも言えない気持ちになり、改めて会社の同僚たちを見渡してみたら、思いの外、中年太りしてない同世代が多くて。みんな、ちょっと意識高すぎじゃない? 男40も過ぎれば代謝が悪くなり、若い頃のような体型でいられなくなって当然。あれ、違う!?」(44歳・証券)

ステイホームを余儀なくされたコロナ禍、食生活の見直しや運動機会の創出など、生活習慣の改善に取り組む人が増えた気がします。40代男性の「健康意識が高まった(37.2%)」と実感する人のうち、約4割(37.1%)が「日常的に運動・スポーツを行なっている」という調査報告(出展:明治安田生命)からも明らかでしょう。

◆ダイエットの中心が女性たちだった時代

”不測の事態”とはいえ、身体に気を配る人が増えているのは喜ばしいことです。意識の差はあれ、ダイエットに励む男性が「右肩上がりで増加中」という見立ても成り立つ気がします。

レオタード姿で汗を流すエアロビクス、カカトのないスリッパ、ラップを全身に巻くラップダイエット……かつてダイエットに精をだす主人公といえば女性たちでした。筆者がまだ小さかった頃、世の中ではりんご、ゆで卵、紅茶きのこなど、偏ったものだけを食べ続ける、我慢するダイエットも大流行。いまにして思うと、飽食の時代の珍事をよく見聞きしたものでした。

「絶対きれいになってやる!」。1992年には失恋した女子がボクシングポーズでつぶやくエステのCMも話題に。1990年代頃まではダイエットという言葉の中心にいたのは”女性たち”でした。

◆ダイエットを自分ゴトにした最初の世代

潮目が変わり始めたのは2002年頃、きっかけは厚生労働省による健康増進法の制定です。「メタボリックシンドローム」(内臓脂肪症候群)という聞き慣れない言葉が登場し、メタボと略されてあっという間に浸透。世の中の男性の健康意識が変わり始めます。

まだ20代だった私たちロスジェネ世代は「メタボ予備軍」という言葉を多少なりとも気にかけていたと記憶しています。その後、2008年には(40歳以上の被保険者・被扶養者に対し)メタボに着目した生活習慣病予防のための健診・保健指導が実施され、時を同じくして健康食品やサプリメントも浸透していきます。

鬼軍曹ビリー・ブランクスが考案したビリーズブートキャンプ(2004年)、ゲーム機Wii Fitを使ったエクササイズ(2007年)など、お茶の間で気軽に楽しめるエンタメ系の商材が登場したのもこの頃でした。これまで女性中心だったダイエット関連グッズが男性にも徐々に浸透し、日本人の多くにとってダイエットそのものが市民権を得ていきます。

こんな歴史を振り返るにつけ、ロスジェネ世代の男性はダイエットを自分ゴトにしてきた「最初の世代」という新説も成り立つ気がしてきます。

◆動機は人それぞれ。健康であればイイ

幸か不幸か、2010年代に入っても世のダイエットブームに陰りはありません。中心にいるのは女性たち。食生活と結びついたタニタ食堂レシピ本の大ヒットに始まり、低インシュリンダイエット、腸温めダイエット、リンパマッサージで循環機能をアップさせるリンパダイエット、強く長い呼吸を繰り返すロングブレス、骨盤矯正ダイエット、情報番組で取り上げられて全国のスーパーでサバ缶が一時品薄になったサバ缶ダイエット……王道とされるダイエット法でも、マスコミに取り上げられなくなると泡のように消えていく運命を辿っていくようです。

「結果にコミットする」ーーテレビCMに有名人を起用し、肉体改造のビフォー&アフターを見せ、ロスジェネ世代の心を掴んだライザップも、日本のダイエット史に名を刻んだひとつでしょう。一日に摂取する糖質量を極限まで制限する「糖質制限ダイエット」はガチで痩せるダイエット法として賛否ありますが、いまもって男性を中心に支持を集めています。かつて筆者もそんなひとりでした。

なにはともあれ、バランスのよい食事を摂り、適度な運動を心がけることが、一番の健康法です。動機の強さはあなた次第。モテたい? 密かにあの恋を実らせたい? 若返りたい? テンションUPさせたい? 人知れずダイエットに励むなら、自分に合った正しい方法を見つけ、ゆっくり長い時間をかけて実践しましょう。ラブハンドルも、健康であればご愛嬌!

<文/ディスコ☆セリフ イラスト/押本逹希>

出典:明治安田生命 「健康」に関するアンケート調査を実施!~ステイホーム・コロナ禍を機に健康に対する意識と行動が変化!~

―[ロスジェネ解体新書]―

【ディスコ☆セリフ】

数々の雑誌を渡り歩き、幅広く文筆業に携わるライター・紺谷宏之(discot)と、企業の広告を中心にクリエイティブディレクターとして活動する森川俊(SERIFF)による不惑のライティングユニット。

森川俊

クリエイティブディレクター/プロデューサー、クリエイティブオフィス・SERIFFの共同CEO/ファウンダー。ブランディング、戦略、広告からPRまで、コミュニケーションにまつわるあれこれを生業とする。日々の活動は、seriff.co.jpや、@SERIFF_officialにて。

紺谷宏之

編集者/ライター/多摩ボーイ、クリエイティブファーム・株式会社discot 代表。商業誌を中心に編集・ライターとして活動する傍ら、近年は広告制作にも企画から携わる。今春、&Childrenに特化したクリエイティブラボ・C-labを創設。日々の活動はFacebookにて。

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ