『TOKYO MER』第5話 エレベーターに閉じ込められた“音羽”賀来賢人と妊婦に火災が迫る

 俳優の鈴木亮平が主演する日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系/毎週日曜21時)第5話が今夜放送。第5話では、MERメンバーで官僚の音羽(賀来賢人)が、大物政治家や妊婦らとエレベーターに閉じ込められ、官僚としての未来と医師としての使命との狭間で決断を迫られる。

重大事故、災害、事件の現場に駆けつけ、命を救うために危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく救命救急チーム“TOKYO MER”の活躍を描く本作。都知事の命により新設された救命救急のプロフェッショナルチーム「TOKYO MER」のリーダーで驚異的な救命技術を持つスーパー救命救急医・喜多見幸太を鈴木、厚生労働省の官僚であり医師でもある医系技官の音羽尚を賀来が演じ、そのほか菜々緒、要潤、中条あやみ、小手伸也、佐野勇斗、仲里依紗、佐藤栞里、フォンチー、佐藤寛太、石田ゆり子らが共演する。

喜多見幸太(鈴木)の妹・喜多見涼香(佐藤栞里)と妊婦を乗せたエレベーターが火災により急停止する。乗り合わせた音羽尚も、大物政治家・天沼夕源(桂文珍)と共に閉じ込められ、やがて、煙が充満し酸欠状態のエレベーターで妊婦の容態が急変する。

現場へ出動したTOKYO MERには、政治家・天沼の救出を優先するよう命令が下る。

炎上間近のエレベーターで音羽に迫られる究極の選択…。母子の命を救うため、喜多見が下した決断とは!? TOKYO MERのメンバーたちが決死の救出劇に挑む!

日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』第5話は、TBS系にて本日8月1日21時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ