炎天下の車内問題。エアコン付けても熱いシートに通気性抜群のクッションを【今日のライフハックツール】


炎天下に駐車しておいた車内がどうなるかは、今さら言うまでもないですよね。

息苦しくなるほどの熱気を入れ替えて、エアコンを全開にしても、しばらくしてからじゃないと温度は落ち着いてくれません。

しかも、エアコンが効いてきたと思っても、まだシートのクッションは奥のほうにたっぷりと熱気を含んだまま

背中から太ももの裏側まで、汗でビッショリになってしまう…。

そんな不快感を軽減してくれるのが、メッシュ構造のシートクッション。

今回は2点、ピックアップしてみました。

3Dメッシュで通気性が高いクッション

画像
Image: Amazon.co.jp

ポリエステル100%の3Dメッシュ素材を中材として使用し、表面にも通気性が高いメッシュ生地を採用しているのが、AIRMFJIの『メッシュクッション』。

背中は、背もたれから浮かせておけば何とかなるものの、座面に座らないことには運転できないので、このクッションが欠かせないというわけです。
画像
Image: Amazon.co.jp

画像はあくまでイメージですが、なかなかの通気性が確保されていて、シートクッションの熱が直接お尻、太ももに伝わるのを抑えてくれます

車内用の小型扇風機(サーキュレーター)を併用して、座面に向けて風を送るようにすると、かなり効果的に熱気を抜いてくれると思いますよ。

電動ファン内蔵のメッシュクッション

画像
Image: Amazon.co.jp

MRGの『クールマット』は、小型扇風機を用意するまでもなく、自前でファンを内蔵しているメッシュクッション

USB電源で動作する仕様なので、シガープラグしか電源がない場合は、変換プラグを用意しましょう。

コードの長さは約1.8m。長さが足りないという心配もないと思います。
画像
Image: Amazon.co.jp

風量は、3段階調整式。細かく調整できるところも、助かりますね。

ファンが起こした風を通すクッション部分は、座り心地に難がある可能性があるものの、冷んやりした感触が得られる分、むしろ快適になりそう

とりあえず試してみたいところですね。


以上、屋根がない屋外に駐車することがある人なら、要チェックなアイテム2点のご紹介でした。

ボトムスのお尻に汗シミがついて恥ずかしい思いをしないためにも、ぜひ検討してみてくださいね。
AIRMFJI 座布団 メッシュクッション 通気性 蒸れない 高反発 洗えるクッション 滑り止め粒子 椅子 車 オフィス 学校 自宅用クッション 45*45*3CM
AIRMFJI 座布団 メッシュクッション 通気性 蒸れない 高反発 洗えるクッション 滑り止め粒子 椅子 車 オフィス 学校 自宅用クッション 45*45*3CM
2,799円

MRG クールマット 蒸れない 送風ファン内臓 シート USB電源 扇風機 座布団 クッション 暑さ対策 車 涼しい カバー 洗える マット (ブラック)
MRG クールマット 蒸れない 送風ファン内臓 シート USB電源 扇風機 座布団 クッション 暑さ対策 車 涼しい カバー 洗える マット (ブラック)
3,680円


Source: Amazon.co.jp(1, 2

当記事はライフハッカー[日本版]の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ