【栂池自然園】「つがいけロープウェイ」で一気に2,000m級の中部山岳国立公園へ

ウレぴあ総研

「栂池自然園」は標高1,900~2,000mに位置します。数百万年もの歳月をかけてできた4つの湿原、数百種類に及ぶと言われる花々や高山植物、さらには、白馬大雪渓や北アルプスの絶景を堪能するため、多くのトレッカーが訪れる人気のトレッキングコースとなっています。

■バリアフリーのミズバショウ湿原をはじめ4つの湿原を巡るトレッキングコース

「つがいけロープウェイ」に乗車25分ほどで、標高1,829mの自然園駅へ。そこから400mの舗装道を登ると「栂池自然園」の入口、ビジターセンターに到着です。

ちなみに、つがいけロープウェイは「栂池ゴンドラリフト イブ」と「栂池ロープウェイ」を乗り継ぐのですが、ゴンドラとロープウェイの違いって、ご存じですか?

乗車人数や搬器の形状など、様々な違いはありますが、明確な違いはというと、ロープウェイは搬器を支えるロープと引っ張るロープが別々。

逆に、ゴンドラは単線。つまり、ロープが1本ならゴンドラ、複数ならロープウェイと見分けることができるんですね。

栂池自然園に入ってすぐの見どころが4か所ある湿原のうちのひとつ「ミズバショウ湿原」。様々な高山植物や雄大な山並み、イワナの住む川など、手軽に白馬の大自然を感じられると評判です。

この湿原をぐるりと回るコースは約1km、1時間くらいの行程。起伏のないバリアフリー木道だから、小さな子や年配の方はもちろん、車イスでも安心して鑑賞できます。

もちろん、ゴンドラ&ロープウェイへは車イスで乗車できますし、栂池自然園入口までのアクセス路は少々坂道ではありますが、完全舗装なのでご安心を。

ビジターセンターを抜けると、一気に広大な湿原が広がり、眼前にはまだ雪の残る白馬の山並みを一望することができます。

園内は「ミズバショウ湿原」のほか、キヌガサソウの群生や夏でも雪が残る風穴が見られる「わたすげ湿原」、夏はニッコウキスゲ、秋はナナカマドの紅葉が堪能できる「浮島湿原」、そして、白馬大雪渓を間近に一望できる「展望湿原」があります。

それぞれ湿原を1周するトレッキングコースが用意されていますが、やっぱり最奥の展望湿原まで歩いて、栂池自然園の魅力を余すことなく堪能したいところ。

展望湿原コースは約5.5km、往復時間は3時間半くらい。ゆっくり時間をかけて、園内一周を満喫しましょう。

■雨でも楽しめるビジネスセンター!子供に人気のボルダリングやスラックラインも

栂池自然園の玄関口となるビジターセンター。朝夕は夏でも涼しいこともあり、入口には薪ストーブが設置されています。

また、小谷村の古民家の古材と長野県諏訪地方の鉄平石を用いており、山小屋ならではの温かさを感じさせる内装が印象的です。

ここでは休憩や園内の情報が入手できるのはもちろん、様々なアクティビティがあり、たとえ、雨の日でも楽しく過ごすことができます。

一例をあげると、栂池自然園の高山植物や動物に関するクイズが出題される「ネイチャーQ&A」や動画で楽しむ「栂池シアター」、北アルプスの自然や小谷村に関する本が並ぶ「ライブラリー」など。

とくに、子供たちに人気なのがボルダリング施設「ワクワクウォール」。ロープクライミングも体験できたり、かなり本格的なので、大人や経験者も一緒になって楽しめます。

たとえ、悪天候や体力の関係で園内を回れなくても、臨場感を味わえるサービスも多彩です。

180インチという巨大ディスプレイでライブカメラ映像が見られる「どこでもウィンドウ」や本格的なグリーンバックを使った合成の記念写真が撮れる「フォトスポット」。

さらには、自然園の上を綱渡りしているかのような写真が撮れる「ドキドキロープ」まで。そんな遊び心が満載のアクティビティを堪能する時間を、しっかり計算してスケジューリングすることもお忘れなく!

「つがいけロープウェイ」公式サイト

DATA

■TEL/0261-83-2255

■住所/長野県北安曇郡小谷村千国乙12840-1

■交通/上信越道 長野ICから約60km、JR北陸新幹線 長野駅からバスで約90分

■営業期間/2021年6月12日~10月24日

■料金/(つがいけロープウェイ往復&栂池自然園入園料)大人3,700円、小学生2,100円

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ