環境活動家グレタ・トゥーンベリの2 年間に密着したドキュメンタリー映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』

NeoL



『グレタ ひとりぼっちの挑戦』が10月22日(金)より新宿ピカデリーほか全国順次公開。2018年8月。15歳の少女グレタ・トゥーンベリは気候変動に対する政府の無関心に抗議するため、スウェーデン・ストックホルムにある国会議事堂前で学校ストライキを始めた。グレタは一人で座り込み、自作の看板とリーフレットを配りながら通行人の質問に答える。毎週金曜日にストライキをすることから「Fridays For Future(未来のための金曜日)」と名付けられた運動は次第に注目を集め、世界中の若者たちがグレタの考えに賛同。一人で始めたストライキは、数か月のうちに国内外へ広がるムーヴメントになり、2019年にニューヨーク国連本部で開かれた気候行動サミットで涙ながらに語ったスピーチで、世界的に注目を浴びる存在となった。このドキュメンタリーは、その1年以上前から彼女に密着。犬や馬と戯れるリラックスした姿から、アスペルガー症候群を持つグレタが重圧に悩み葛藤する姿まで映し出している。気候問題に関する専門的知識と揺るぎない覚悟を持ち、国連総長アントニオ・グテーレスやフランスのマクロン大統領、ローマ教皇など世界のリーダーらと議論を重ねていく様をカメラは最も身近なところで捉えている。その強いメッセージと行動力で、環境活動家のリーダーとして若者から称えられる一方で、時には反感や偏見を持たれることも少なくなくない彼女。本作は、彼女の考えを最も正確に色濃く反映し、これまで誰も知らなかったグレタの素顔を知ることが出来る貴重な映像の記録だ。グレタ・トゥーンベリは本作公開に対して「とにかく私たちが社会に求めているのは、気候変動を危機として捉え、安全な未来を守ってほしいということだけ。映画を見れば、その実現までどれ程遠いのか、”もう時間がない”という科学的なメッセージが全く伝わっていないということも分かってもらえるはず」とコメントしている。グレタは何のために闘うのか。私たちはこれからその思いにどのように向き合い、生きるべきか。爽やかな余韻の中に深く思いを巡らせること必至の感動的なドキュメンタリー。



















『グレタ ひとりぼっちの挑戦』10月22日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開公式サイト:greta-movie.com出演:グレタ・トゥーンベリ、スヴァンテ・トゥーンベリ、アントニオ・グテーレスエマニュエル・マクロン、アーノルド・シュワルツェネッガー、ドナルド・トランプ監督・脚本:ネイサン・グロスマン  製作:セシリア・ネッセン、フレドリク・ハイニヒ編集:ハンナ・レヨンクヴィスト、シャーロット・ランデリウス音楽:レベッカ・カリユード、ヨン・エクストランド脚本:ペール・K・キルケゴー、ハンナ・レヨンクヴィスト 2020年/スウェーデン/ドキュメンタリー/101分/ビスタ/5.1ch/原題:I AM GRETA 日本語字幕:石塚香  配給・宣伝:アンプラグド (C) 2020 B-Reel Films AB, All rights reserved.

当記事はNeoLの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ