Vol.21-3 妻が弁護士らに洗脳された?“モラハラ妄想”で離婚を迫られた男性の告白

女子SPA!

【ぼくたちの離婚 Vol.21 いつか南の島で #3】

夫婦など親密な関係の間で起きるDV(ドメスティックバイオレンス)のひとつである、「モラルハラスメント」(以下、モラハラ)。言葉や態度で相手を精神的に追い詰めるモラハラは、身体的な暴力のように目に見える被害がない。つまり「被害がある」ことを証明するのが難しい一方で、「被害がない」ことを証明するのも難しいのだ。

第三者の介入によって、そんなモラハラの沼にはまってしまった男性がいる。フリーランスの編集者である小林徹さん(仮名/現在36歳)。小林さんは、父親から暴力を受けたせいで極度の男性恐怖症とソシオパス、そして双極性障害に苦しむ女性・初美さん(35歳)と結婚した(詳しくは前回記事を参照)。小林さんの献身的な努力で初美さんの症状は少しずつ良くなっていったが、初美さんの父親が「実家の近くに住め」と言ってきたことから、やっと掴みかけた幸せな結婚生活が一変してしまう――。

◆「お願い、警察を呼んで」

初美さんは、父親が自分の人生に介入してくる限り自分の人生の幸せはないと悟る。父親と縁を切る覚悟で、小林さんにも同席してもらって話し合いの場を設けた。

しかし、この話し合いは完全に裏目に出る。

小林さんは初美さんの父親に言った。「初美さんの精神疾患は、お父さんの暴力に端を発するものです。初美さんに何度も連絡するのはやめてほしい」。すると、自分のせいで娘がこうなったとは絶対に認めたくない父親は激怒。恐怖した初美さんは父親に屈してしまう。

「父親に『お前はそんなことを本当に思ってるのか!』と怒鳴られた初美は、『私はそんなこと言ってない。徹くん、ひどい!』と言ってしまったんです」

信じがたい手のひら返し。しかし初美さんの男性恐怖症、特に父親に対する恐怖心は、それほどまでに強かった。双極性障害の初美さんは、何か大きなストレスが引き金になり暴れ出すと、そのときの記憶がなくなる。それと同じようなことが、父親という大きなストレスを引き金にして起こってしまった。

「帰宅後に初美と1、2時間かけてじっくり話し合うと、ようやく『そうだった、そう言えば、この話し合いを望んだのも、徹くんについてきてほしいとお願いしたのも、私の意思だった……』と気づいてくれました」

しかしその日の夜、初美さんの父親は娘を懐柔できると踏んだのか、小林さんが仕事で外出中に初美さんを会食と称して呼び出し、小林さん抜きの親子3人で会ってしまう。

「僕が帰宅したら、既に帰っていた初美はパニック状態でした。最近は落ち着いていたのに、久しぶりに激しく暴れ、今までになく強い力で僕の首を絞(し)めてきたんです」

小林さんは意識がもうろうとし、床に転倒。気がつくと、放心状態の初美さんが小林さんにこう言った。

「お願い、警察を呼んで。私、徹くんにひどいことをしてしまった……」

◆実家に連れ戻された妻

小林さんは警察を呼び、その晩はいったん落ち着く。しかし警察から初美さんの実家に連絡が行ったらしく、翌朝、初美さんの父親が乗り込んでくる。

「彼は『よくも警察沙汰にしてくれたな』と僕にすごみ、嫌がる初美の腕を引っ張って、強引に連れて行ってしまいました。僕は何度もやめてくれと懇願したんですが、止めることができなくて……」

連れて行かれた先は、関東のZ県にある両親の住まい。つまり初美さんの実家だ。

「初美は8日後に戻りましたが、ひどく憔悴していて、説明も要領を得ない。両親の目を盗んで、命からがら逃げてきたようです。実家での記憶は“ない”と言っていました」

この事件をきっかけに、初美さんの精神状態は急激に悪化していく。夜中にパニックで暴れる日々が戻ってきてしまったのだ。

◆このままだと、あなたを殺してしまう

ある夜のこと。暴れて興奮状態になり、手を付けられなくなった初美さんが小林さんに言った。「このままだと、私は徹くんを殺してしまうかもしれない」。初美さんは自らの足で警察に向かった。

自分の中に棲む怪物を飼いならせないなら、宿主ごと檻に入るしかない。初美さんはそう悟ったのかもしれない。

ところが、ここでまたも初美さんの男性恐怖症が邪魔をする。

「権威的な男性が怖い初美は、男性警察官からの『何しに来たの?』という問いかけに、つい自分が被害者だと言ってしまったんです。これも精神疾患あるあるですが、本当はそうではないのに、自分が被害者だと思い込んでしまう。結局、警察官からはシェルターに避難したらと提案されるだけで、帰されてしまいました」

小林さんは警察での状況を、朝方帰宅した初美さんから聞いた。

「帰宅した初美は明らかに様子がおかしくて、ずっと泣いていました。ごめんなさい、徹くんを悪者にしてしまったの、と」

少し落ち着いた初美さんは、小林さんに向き直ってこう言った。

「ふたりでもう一度、結婚式をしてくれませんか? ふたりだけの結婚式を南の島でやりたいの」

小林さんと初美さんは新婚旅行に行っていなかった。初美さんの病状が落ち着いたら南の島に行こうと、以前から約束していたのだ。

しかし、その願いは叶わない。

数日後、またも初美さんの父親がマンションを訪れ、小林さんが外出中に初美さんを連れ去ってしまう。帰宅すると、1週間分のカレーの作り置きとご飯のレトルトパック、そして置き手紙がテーブルに置かれていた。父親に抵抗できないと観念した初美さんが、最後に示した小林さんへの真心だった。

◆人格が変わってしまった妻

小林さんは初美さんにすぐ電話するが、応答してくれない。その後、明らかに混乱気味のメールは届いたが、いまいち状況がつかめない。1か月後、ようやくまともな連絡が来る。

初美さんは、某県の精神病院に入院していた。

初美さんは父親に連れられてメンタルクリニックを受診し、「夫のモラハラで精神に異常をきたした」ことにされ、精神病院に入れられたようだった。それゆえ、小林さんは初美さんに面会することができない。ただ、初美さんは病院に内緒で小林さんに電話もメールもくれた。

しかし、病院にいるあいだに初美さんの人格は徐々に作り変えられていった。

「最初の頃はずっと『徹くんは悪くない』と言ってくれていましたが、1か月もすると、口調が変わってきたんです。『お前がやったんだな!? お前が私をこんなふうにしたんだな?』って、僕を口汚く罵るようになりました」

小林さんがあとで調べたところによると、当時の初美さんは、病院の担当医や看護師から毎日のように『旦那さんからモラハラやDVを受けていたんでしょう』と吹き込まれていた。それを初美さんが否定したり、小林さんとの電話やメールがばれたりすると、強い薬を飲まされ、2、3日は意識がもうろうとして動けなくなっていたという。

「言ってみれば病院の“プログラム”によって、初美は僕にモラハラを受けたと信じ込むようになってしまいました」

なお、精神病院に入れたのは初美さんの父親だが、その後父親は、面会はおろか、連絡のひとつも寄越さなかったそうだ。

「彼は娘がこうなってしまったことを自分の責任にしたくないだけで、娘に関心はないんです。娘を壊したのは僕ってことにしたいだけ。それさえ叶えば、娘がどうなろうと知ったことじゃない」

その後、初美さんは病院を脱走した。担当医に対する不信感だったようだが、詳細はわからない。

ただ、病院はそのことを小林さんに知らせなかった。小林さんがそれを知ったのは、ある弁護士事務所から調停を起こされたからである。小林さんのもとに届いた書面には、こう書いてあった。

「会社の経理書類を返してほしかったら、モラハラしたことを認めろ」

そこに、初美さんの名前はなかった。

◆“モラハラ専門弁護士”の脅し

ここで、小林さんが現在も争っている最中だというXという名の弁護士が登場する。

「X弁護士と妻がどこで出会ったのか、どちらがどういう方法でアプローチしたのかはわかりません。ただはっきりしているのは、X弁護士は自らを“モラハラ専門弁護士”として名を上げるため、初美を利用したということです。彼女は完全に、広告塔にされました」

X弁護士はまず、初美さんの持っていた小林さんの会社の経理書類に目をつけた。会社の決算前に経理書類が戻らないと、会社は罰則を受けることになる。それを狙ったひどい嫌がらせだった。申立人はX弁護士本人、初美さんの名前はどこにもない。

しかもX弁護士は初美さんに、「徹さんがあなたを、経理書類を持ち逃げしたとして警察に突きだそうとしている」と虚偽の説明していた。

「経理書類の件はでっち上げだったので、大事に至らず収束しました。しかしこの頃から、X弁護士は初美に、モラハラ事例を告発する“作品”を、ネット上で書かせるようになったんです」

その“作品”に小林さんの実名は出ていないものの、“夫からの被害”を想起させるには十分の内容だった。

「X弁護士は、初美に“作品”を発表させているのはトラウマ治療の一環だと言っていましたが、それはありえません。津波の被害に遭った方に、津波についての物語を書けと言っているのと同じです。暴露療法という方法もあるにはありますが、それは専門医師による監視下で、慎重を期す必要がある。ネットで公開して本人に拡散させるなど、とんでもない。やり方がまったく違うんです」

大学で心理学を専門に学んでいただけに、説得力がある。

「彼は、僕のモラハラで初美がPTSD(心的外傷後ストレス障害)になったとも言っていましたが、本当にPTSDなら、僕との夫婦生活を想起させるような“作品”なんて書けるわけがありません。嘘ばかりです」

◆モラハラ被害の講演も

しかも初美さんは、“自らのモラハラ被害”について頻繁に講演しているという。

「X弁護士は初美を登壇者にかつぎあげてセミナーを開き、モラハラをテーマにした講演活動をさせているんですが、初美のしゃべる体験談はX弁護士による捏造(ねつぞう)です。彼が作り上げた偽の体験を、初美に信じ込ませている」

X弁護士のしていることは完全にアウトだが、初美さんが委任関係を続けている以上、X弁護士はすべて初美さんの指示で動いていることにできてしまうので、いかんともしがたい。小林さんは弁護士会に相談した。

「第三者の力を借りてでも初美とX弁護士を引き離したほうがいい、とアドバイスされました。ただ、彼女は数少ない仲の良かった友達とも関係が断たれているので、それも難しい」

初美さんを完全に囲い込んだX弁護士は、その後、小林さんを相手に離婚裁判を起こしてきた。裁判は現在も進行中である。

◆でっち上げているのは誰か

話を聞けば聞くほど、小林さんの受けている“攻撃”は、あまりにも理不尽だ。

ただ、この離婚裁判を外から見れば、「夫にモラハラを受けて精神的に疲弊した妻が、夫のもとを逃げ出し、弁護士の助けを借りて離婚裁判を起こした」となる。

それに、初美さんが極度の男性恐怖症で、父親や医師や弁護士(すべて男性)が作り上げた「被害者としてのストーリー」を吹き込まれて信じきってしまった……というなら、逆にこういう仮説も成り立つのではないか。

「初美さんは、小林さんという“男性”が作った“ストーリー”を信じ込まされている」という仮説が。

つまりX弁護士、およびその支持者からすれば、夫である小林さんこそが、自分で働いたモラハラを隠蔽するために、ストーリーをでっち上げていることになる。

なにより筆者はこの話を、小林さんの口からしか聞いていない。そして離婚話は往々にして、夫の言い分と妻の言い分が食い違うものである。

とはいえ、だ。

見せてもらった動画には、小林さんの首を絞めて暴走する初美さんの姿が、たしかに映っていた。あれが捏造だとはどうしても思えない。

取材を始めて3時間以上が過ぎていたが、正直、迷っていた。小林さんの話を信じてよいものか。この話を書くべきか、ボツにすべきか。

◆わたしの人生を変えた人

正直に言った。X弁護士の話が捏造だと言うなら、小林さんが“ストーリー”を捏造している可能性がないとは言い切れませんよね、と。

小林さんはまったく動じることなく、微笑みながら言った。

「もちろんです。たしかにそうだ。判断するのは稲田さんですからね。じゃあ、これだけ見ていただけませんか。書いていただかなくても、構いませんから」

小林さんは、ファイルされた大量の資料の中から、2枚の紙片を取り出した。1枚めは、初美さんが2年半前に父親に連れ出された際の置き手紙。

その文面は、今まで嫌な思いをさせてしまってごめんなさい、といった謝罪の言葉や、途中まで受けていた仕事をどう処理してほしいかという指示に続き、こんな言葉で結ばれていた。以下、原文ママで転載する。

<私は、あなたと一緒にいるには能力の劣った人間でしたが、あなたは、とても素敵な人だから、きっとすぐに一緒にいてくれる人が現れると思います。その人は必ず私より素敵で、仕事もできて、人間的に素晴らしい人です。

徹くんの人生が、この先幸福で、楽しく、良いものになると私は信じています。

あなたが日本一の編集者になることを信じています。

どうか、これからも人生を変える本を作り続けて下さい。

今までありがとうございました。身体にだけは気を付けてください。

あなたの幸せを祈っています>

「人生を変える本」とは、小林さんが出版社時代につくり初美さんが感銘を受けた、統合失調症に関する本だ。この本をきっかけにふたりの人生は交錯し、すべてがはじまった。

初美さんがこの置き手紙をして家を出てから2年半。小林さんは初美さんの部屋も荷物も、手を付けずにそのままにしてある。いつ戻ってきてもいいように。

「初美はあの日、洗濯物をたたんでいる途中のまま、出ていきました。つまり帰ってくる意思はあったんです」

◆少年をハグする女性

もう1枚の紙片には、イラストと短い文言が書かれている。

「初美の部屋に残していった荷物の中に、彼女がいつも肌身離さず持ち歩いていた手帳がありました。僕は中を見たことがなかったんですが、初美が出ていったあと中を開いてみると、僕に暴力をふるったあとに自分を見つめ直す文章や決意などが、びっしりと書かれていたんです」

初美さんは、不断の努力で自らを治そうともがいていた。

「その中に挟まっていたのが、この紙片です」

女性が泣きながら、小さな男の子を背中からハグしている。初美さん自身の筆によるイラストだ。そこに、こんな言葉が書き添えられている。

「徹くんは私の宝物です。一生大切にします。いつもごめんね。ありがとう。 はつみ」

直筆に込められた思いの強さに、圧倒された。

「こういうことを書ける人間なんです。純粋で、心がきれいで」

◆紙片にだけ残る妻の“本心”

疾患のせいで自分の意思が覆い隠され、時に記憶までなくして暴れ、本心とはまったく異なる言葉を発してしまう。愛する人を傷つけてしまう。それを初美さんは自覚していた。

だから、描いた。自分に向けて。小林さんへの愛と、謝罪と、感謝だけは忘れてしまわないように。心に黒く分厚い雲が覆って自らを見失ってしまっても、これを見れば必ず自分の本心が、あの純粋な気持ちが思い出せるように。

人に見せるあてのない、肌身離さず持ち歩く手帳に入っていたということは、つまり、そういうことだ。

イラストの女性は初美さんだろう。小さな男の子は――。

「これを見つけたときは、もう、ね……」

小林さんは言葉をつまらせた。

【ぼくたちの離婚 Vol.21 いつか南の島で #3】

<文/稲田豊史 イラスト/大橋裕之 取材協力/バツイチ会>

【稲田豊史】

編集者/ライター。1974年生まれ。キネマ旬報社でDVD業界誌編集長、書籍編集者を経て2013年よりフリーランス。著書に『ぼくたちの離婚』(角川新書)、コミック『ぼくたちの離婚1』(漫画:雨群、集英社)、『ドラがたり のび太系男子と藤子・F・不二雄の時代』(PLANETS)、『セーラームーン世代の社会論』(すばる舎リンケージ)。「SPA!」「サイゾー」などで執筆。

【WEB】inadatoyoshi.com 【Twitter】@Yutaka_Kasuga

当記事は女子SPA!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ