「プロポーズされたい♡」そんな時に厳禁な【NG言動】は?

ハウコレ



男性からのプロポーズを待っている女性も多いでしょう。特に、彼氏と長く付き合っている場合、そろそろプロポーズされるのではないかとワクワクしていても不思議ではありません。しかしながら、実はちょっとした言動で彼のプロポーズしたい気持ちが冷めてしまうこともあります。プロポーズを待っている時、絶対に避けたいNG言動にはどのようなものがあるのか覚えておきましょう。

■「〇〇はこんな素敵なプロポーズだったんだって」
共通の友達が結婚した時「〇〇が結婚したんだって」のように話題に出すのは悪いことではありません。しかしながら「〇〇のプロポーズは有名ホテルのレストランだったんだって!」のように具体的に話すのはNGです。そんなつもりはなくても「私にもそれくらいしてくれるよね?」と彼氏にプレッシャーをかけてしまう恐れがあります。彼と他の男性を比較しているように思われるので、避けましょう。

■「やっぱりプロポーズは男からだよね」
「男なら〇〇すべき、女なら△△であるべき」のような言動も避けた方が良いでしょう。普段から男性に対してそういうテンプレートな意識を持っている女性に対しては、なかなかプロポーズしづらいと感じる男性も多いと言われています。もちろん「プロポーズは男からすべき」のような言い方もNGです。二人の人生なのに、責任を押し付けているように感じられるので、やめましょう。

■「結婚式は絶対に〇〇!」
結婚式に夢を見ている女性も多いでしょう。有名なホテルでたくさんの花を飾りたい、のように意見を持っている人は少なくありません。しかし、普段からそれを公言してると「お金がかかりそうで無理!」と彼氏に思われる可能性があります。口に出す頻度が高ければ高いほど、彼氏をげんなりさせてしまいます。理想がある人も、あくまで理想だと諦めることも大切かもしれません。

■何気ない一言で彼のプロポーズしたい気持ちも冷めるかも......
自分では何気ない日常の一言で気にも留めていなくても、実は彼氏のプロポーズしたい気持ちを冷めさせている恐れがあります。プロポーズを待っている人は、そうした言動がないように、冷静に自分の発言を思い返してみるのも良いかもしれませんよ。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ