櫻井孝宏・小野大輔・置鮎龍太郎・辻親八ら、アニメ『ゲッターロボ アーク』第3弾キャストのコメント到着 

SPICE


放送中のTVアニメ『ゲッターロボ アーク』に出演する、追加声優キャスト10名が発表された。

一文字號役として、『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』で同役を務めた櫻井孝宏が再登板するほか、浅川悠(橘翔役)、安井邦彦(シュワルツコフ役)、小野大輔(ロン・シュヴァイツァ博士役)、置鮎龍太郎(皇帝ゴール三世役)、若本規夫(バット将軍役)、高橋良輔(バイス役)、坂田明寛(ガンリュー役)、西森千豊(ゴズロ役)、辻親八(巴武蔵役)ら、豪華声優陣が参加する。

【コメント】櫻井孝宏

(c)永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所
(c)永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所

まさか號がゲッターの新作に登場して、そしてそのオファーが私にくるなんて!自分にとっては思い出深い作品で、とても嬉しかったです。絶叫、雄叫び、咆哮、とにかく叫ぶ!それが私の中のゲッターロボ。20年振りの一文字號も変わらず熱かったです。

●一文字號 CV:櫻井孝宏
かつてのゲッターロボ號のパイロット。神隼人がスカウトし、戦いの先頭に立った。19年前、流竜馬、タイールと共に“真ゲッターロボ”に乗り、敵との決戦を終結させ姿を消した。

【コメント】浅川悠

(c)永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所
(c)永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所

久しぶりにこのキャラクターで参加できて非常に嬉しいです。音楽も歌もキャラクターも何もかもが熱くて、アニメの王道として君臨するシリーズだと思っています。また、共演者の皆様のキャリアに関わらず誰もが知っていて、誰もが自分がこのシリーズを楽しんでいらっしゃるのがとても印象的でした。この素晴らしい作品を皆様にもっと気に入ってもらえるよう演じましたので楽しんでいただけたら幸いです。

●橘翔 CV:浅川悠
男勝りの武道家で元ゲッターロボ號のパイロットのひとり。現在は国を越えた連合軍の監査官を務める。神隼人がハチュウ人類の居留地を訪れた際にも同行している。

【コメント】安井邦彦

(c)永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所
(c)永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所

まだ少年の頃、一番最初の『ゲッターロボ』を見ていました。当時クラスメイトの男子でその名を知らないものはないほどの人気番組でした。原作まんがの方ではゲッター線を浴びながらの凄まじい戦いがあって登場人物の鬼気迫る表情は今も強く印象に残っています。今回の『ゲッターロボアーク』でも、得体の知れない不気味な敵や、さらにスケールアップしたと思われる戦いなどが描かれ、一体どうなるんだろうという展開でした。そんな最新作『ゲッターロボアーク』にかかわることができて幸運でした。

●シュワルツコフ CV:安井邦彦
かつては米軍所属有人型ロボット・ステルバーのパイロットだった。当初は日本から参加したゲッターチームに敵意をむき出しにしていたが、共に苦戦を乗り越えるうちに理解が芽生えた。現在は連合軍の提督を任されている。

【コメント】小野大輔

(c)永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所
(c)永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所

あの「ゲッターロボ」に出演出来る。喜びに震えました。血沸き肉躍るとはこのこと。大学時代に『真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日』に心を射抜かれて以来ずっと憧れの作品です。三つの心を一つにする。ひたすらに熱い心、人間の絆を描き続けている作品だと思います。ゲッターを追い続けてきたファンの皆様も、初めてゲッターに触れる若い方々も、必ず熱くなれます。一緒に盛り上がり、燃え上がりましょう!

●ロン・シュヴァイツァ博士 CV:小野大輔
かつての国連軍静止衛星の所長。19 年前、衛星軌道上から地球の混乱と宇宙に飛び立つ〝真ゲッターロボ〟を目撃した。現在は連合軍主導の極秘任務を遂行するために、単身、非公開地域に派遣されている。

【コメント】置鮎龍太郎

(c)永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所
(c)永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所

子供の頃見ていたアニメ無印と『G』以降は、すっかりスパロボ参加作品としての認識ですが、出演できる事、本当に光栄に思います。『ゲッターロボ アーク』凄いスケールになる予感ですね。現代に蘇ったゲッター、ご堪能ください!

●皇帝ゴール三世 CV:置鮎龍太郎
これまで〝ゲッターロボ〟と戦ったハチュウ人類の帝王ゴールら統率者を継ぎ、恐竜帝国の長として即位した現・皇帝。血族的には初代ゴールの血を継いでいる。

バット将軍 CV:若本規夫

(c)永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所
(c)永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所

初代ゴールの時代から恐竜帝国を支えて来たハチュウ人類の幹部の生き残り。前線から退き、過去の武勇伝を語る老人。周囲からは呆れられているが、それ故にゴールIII世の御代でも無害の御意見番として存在を黙認されている。

【コメント】高橋良輔

(c)永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所
(c)永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所

「ゲッターロボシリーズ」という、これだけの歴史ある作品に携われることにとても感動しております。そして自分がゲッターロボシリーズのロボに搭乗する日が来るとは!!と、興奮しながら毎回の収録に臨んでます。物語を繋ぐ大切なピースとして、精一杯努めさせていただきます。皆様お楽しみに!

●バイス CV:高橋良輔
〝ゲッターザウルス〟のパイロット。ハチュウ人類の中でも下層民に属する地リュウ一族の若者。現状に絶望しながらも暮らしの改善を願って志願した。勝ち取った立場で武功を上げ、発言権を得るために命を懸けている。

【コメント】坂田明寛

(c)永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所
(c)永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所

ガンリューは、斜めに構える佇まいはカムイとはまた違うニヒルさを持ち合わせています。しかしバイスとゴズロと一緒にゲッターザウルスに搭乗する姿は、ゲッターアークパイロットにも負けない仲間を想う戦士。その勇姿を是非ご覧ください。

●ガンリュー CV:坂田明寛
〝ゲッターザウルス〟のパイロット。ハチュウ人類の中でも下層民に属する地リュウ一族の若者。現状に絶望しながらも暮らしの改善を願って志願した。勝ち取った立場で武功を上げ、発言権を得るために命を懸けている。

【コメント】西森千豊

(c)永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所
(c)永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所

約半世紀近くも多くのファンの方に愛されてきた『ゲッターロボ』。そしてこの『ゲッターロボ アーク』は、ゲッターロボサーガシリーズ最後の作品です。世代を問わず、ぜひ多くの方に楽しんで見ていただけたら嬉しいです。僕もゴズロとして、キャストや制作スタッフの皆さんと共に、『ゲッターロボ アーク』の世界を全力で駆け抜けていきます!どうぞ応援よろしくお願い致します。

●ゴズロ CV:西森千豊
〝ゲッターザウルス〟のパイロット。ハチュウ人類の中でも下層民に属する地リュウ一族の若者。現状に絶望しながらも暮らしの改善を願って志願した。勝ち取った立場で武功を上げ、発言権を得るために命を懸けている。

【コメント】辻親八

(c)永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所
(c)永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所

まさか私が武蔵の声を演れるとは思っていなかったので...今まで武蔵を演じた先輩方に笑われないようにしたいと気を引き締めました。モヤモヤしてる今を吹き飛ばす事間違いなし。お楽しみください!

●巴武蔵 CV:辻親八
初代〝ゲッターロボ〟の〝ゲッター3〟のパイロット。かつての恐竜帝国との最終決戦で戦死した。その際に個の存在としての武蔵のデータがゲッターエネルギーに取り込まれ、その意思によって別の個の存在に変異した...。
(c)永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所
(c)永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所

『ゲッターロボ アーク』は、1974年連載開始の永井豪・石川賢による『ゲッターロボ』をはじめとしたロボット作品シリーズ≪ゲッターロボ・サーガ≫の最終章。TOKYO MXにて毎週日曜23時ほか放送中。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ